戦力外の2日後に「日雇い派遣」 年下から指図され実感した“プロ野球選手の終わり”

中日時代の石川駿氏【写真:荒川祐史】
中日時代の石川駿氏【写真:荒川祐史】

2020年限りで中日を戦力外、石川駿氏はこの春から専門学校へ

 ユニホームを脱ぐ決断に迷いはない。ただ、少年時代から身を置いてきた野球の世界から放り出されることには覚悟が必要だった。周囲のイメージ通り、恵まれていたプロ野球。果たして、一社会人として生きていけるのだろうか――。この春から歩む第2の人生への不安を取り除くには、とにかく動くしかないと思った。【小西亮】

 大学野球の強豪・明治大から社会人野球の名門・JX-ENEOS(現ENEOS)に進み、社会人日本代表も経験した。強打が売りの内野手は、2014年のドラフトで中日から4位指名を受けて入団。大ベテランの域に入っていた荒木雅博(現1軍内野守備走塁コーチ)の後釜として期待されたのが、石川駿氏だった。

 ルーキーイヤーは開幕前に腰痛で離脱。1軍出場なしに終わった。2年目に1軍デビューを果たし、3年目には開幕1軍もつかんだが、相次ぐ故障が最後まで足を引っ張った。6年間で通算31試合出場、41打数10安打、1本塁打、6打点。とことん理想型を追い求め、昼夜を問わずバットを振ってきたが、もう気持ちがついてこなかった。

 昨年11月3日に球団事務所に呼ばれ、戦力外を通告された。「もう野球はお腹いっぱい」。現役には未練はないと、問われた報道陣に答えた。それからわずか2日後。引退決断の余韻を感じる間もなく、名古屋市内の派遣会社に登録した。「プロ野球選手をやめた時に、1番やってみたかったのがアルバイトなんです」。決して遊び半分ではない。確固たる理由があった。

「自分が今までいた世界がどれだけ恵まれているか。その世界がもう終わったんだと自分に分からせるためには、まず働いてみることだと思いました」

みっちり働いて1万円にも満たない日給「稼ぐのがどれだけ大変か」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY