野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷一問一答 リアル二刀流で特大ソロ&160キロ連発「公式戦で出来て良かった」

大谷一問一答 リアル二刀流で特大ソロ&160キロ連発「公式戦で出来て良かった」

エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、本拠地・ホワイトソックス戦で「2番・投手」で出場した。今季初登板は渡米後初の投打同時出場。初回に先制2号ソロを放つと、投球では渡米後最速タイ101.1マイル(約162.7キロ)の剛速球を武器に5回途中2安打3失点(自責1)。今季初勝利はならなかったが、リアル二刀流で躍動した。チームは9回サヨナラ勝ちで2連勝。3勝1敗で開幕カードを勝ち越した。

ホワイトソックス戦に先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
ホワイトソックス戦に先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

投球で5回途中2安打3失点、打撃では特大の先制2号ソロ「公式戦で出来たのは良かった」

■エンゼルス 7ー4 Wソックス(日本時間5日・アナハイム)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、本拠地・ホワイトソックス戦で「2番・投手」で出場した。今季初登板は渡米後初の投打同時出場。初回に先制2号ソロを放つと、投球では渡米後最速タイ101.1マイル(約162.7キロ)の剛速球を武器に5回途中2安打3失点(自責1)。今季初勝利はならなかったが、リアル二刀流で躍動した。チームは9回サヨナラ勝ちで2連勝。3勝1敗で開幕カードを勝ち越した。

 5回の投球中に本塁ベースカバーで走者と交錯。2018年5月20日のレイズ戦以来1050日ぶり勝利をつかめずに降板となった。試合後の会見で、大谷は軽傷を強調。メジャー自身初のリアル二刀流を振り勝った。

――アクシデントで降板した。状態は。
「問題ないと思いますね。最初は衝撃があったので、微妙でしたけど、時間がたてば、そこまでもないかなと思います」

――投球を振り返って。
「全体的にはいい球はいっていたかなとは思うんですけど、やっぱり5回はもうちょっと。2死まで取っていましたし、ポンポンいっていれば、もうちょっと楽に試合を運べたかなと思います」

――5回途中降板となったが、次回の登板の教訓になるか。
「最後も苦しかったですけど、いい球はいっていたと思うので。心の持ち用なのかなと思いますし、教訓になるかなと思います」

――メジャーでも二刀流で出来ることを証明したいと話していた。
「打席は全部いい打撃というか、ほぼ完璧な内容ではあったので。打席に関しては言うことはないんですけど、5回は少しのところなのかなと思います。1つ公式戦でこういう形で出来たのは良かったところじゃないかなと思います」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」