野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 「大谷翔平は体が強くなった」 プホルスが感じ取った二刀流復活への進化とは

「大谷翔平は体が強くなった」 プホルスが感じ取った二刀流復活への進化とは

エンゼルスのアルバート・プホルス内野手がメジャー21年目のシーズンへスタートを切った。これまでに歴代5位の通算663本塁打、歴代3位の2104打点を誇る強打者が日米報道陣の取材に応じ、大谷翔平投手の“変化”を語った。また、個人記録や10年契約最終年となる今季への意気込みも語った。

エンゼルス・大谷翔平(左)とアルバート・プホルス【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平(左)とアルバート・プホルス【写真:AP】

大谷は2019年に手術した左膝の不安を払拭、プホルス「膝の状態が良ければ」

 エンゼルスのアルバート・プホルス内野手がメジャー21年目のシーズンへスタートを切った。これまでに歴代5位の通算663本塁打、歴代3位の2104打点を誇る強打者が日米報道陣の取材に応じ、大谷翔平投手の“変化”を語った。また、個人記録や10年契約最終年となる今季への意気込みも語った。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 160キロ超の剛速球を投げ、特大なアーチを放つ。二刀流復活へ力強くスタートを切った大谷をレジェンド・プホルスは、どう見ているのか。「大谷の去年と今年の打撃の違いは?」と問われ、熱い口調で続けた。

「健康でいられていることだと思う。彼は昨年下半身の状態が良くなかった。私も同じ経験を味わったことがある。下半身に痛みを感じ始めたとき、トライしようとしても(感覚が通常の時と)違っていた。ショウヘイは膝の状態が良ければ、素晴らしいシーズンを送れると思う。今年のオープン戦のようにね」

 大谷は2019年10月に軸足の左膝を手術。患部が回復した今季は下半身トレーニングを精力的に行いスイングが安定した。オープン戦は打率.548、5本塁打、8打点と大活躍だった。

「逆方向への強い当たりを打って、引っぱる打球がそこまで多くなかった。彼がここへ来てからの期間で、その姿を私は見たことがなかった。それに、彼は以前より少し体も強く(デカく)なったと思う。特に上半身がね。私にとっても嬉しいことだよ」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」