イチロー氏が明かす逸話 お馴染みのルーティンに込められた重要な意味とは…

イチロー氏の考えに触れられる貴重なインタビュー動画が話題に【写真提供:SMBC日興証券】
イチロー氏の考えに触れられる貴重なインタビュー動画が話題に【写真提供:SMBC日興証券】

SMBC日興証券株式会社のウェブコンテンツ第3弾に出演しているイチロー氏

 もしもイチローが社長だったら!? SMBC日興証券株式会社はブランドパートナーであるイチロー氏(現マリナーズ会長付き特別補佐兼インストラクター)を起用したウェブコンテンツシリーズ第3弾を公式YouTubeチャンネルで公開し、イチロー氏が様々なテーマで自身の考えや逸話を披露している。

「どんな服装で働く会社にしますか?」をテーマとした動画。ここで、イチロー氏のお馴染みだった“とある”ルーティンに込められた意味が明かされている。

 イチロー氏と言えば、さまざまな象徴的なルーティンがあった選手。その中で出塁した際にエルボーカードを外し、革手袋のマジックテープを締め直す姿を覚えているファンも多いことだろう。「あらゆるところで僕はスイッチを入れたい」と語るイチロー氏はこの行動の意図を明かしている。

「ヒットを打って一塁に出ます。それで、ここのエルボーパッドをまず外します。もう一個やることがあるんです。バッティンググラブのマジックテープの部分があるのですが、これをいったん外します。それで、もう1回付けるんです。それはなぜかと言うと、今打つことに集中してきた、それで塁に出た。次、走塁しなきゃいけないんです。そのバッティングから走塁に切り替わる、そのスイッチなんです。いったん外して付ける行為が」

必ずダッグアウトに戻っていたイチロー氏「切り替えなんです」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY