スタートダッシュ成功の阪神 得点力不足解消の鍵を握る糸原健斗の働き

阪神・糸原健斗【写真:荒川祐史】
阪神・糸原健斗【写真:荒川祐史】

15試合を消化して11勝4敗の貯金7と好調の阪神

 3月26日に開幕したプロ野球はここまで各球団が5カードずつを消化し、対戦が一巡した。セ・リーグでは阪神が11勝4敗の貯金7、パ・リーグは楽天が9勝4敗2分の貯金5でそれぞれ首位に立っている。

 2位の広島に2.5ゲーム差をつけ、スタートダッシュに成功した阪神。開幕から15試合、投打がしっかりと噛み合った戦いを繰り広げている。ここまで65得点はリーグ最多で、一方の35失点もリーグ最少。これまでの武器であった投手力は健在で、課題とされた得点力も、ここまでは好結果を残している。

 投手陣は今季も奮闘している。チーム防御率2.40は中日と並び12球団でトップ。ここまで2.50を切っているのは阪神と中日の2球団だけだ。先発では助っ人のガンケルが3戦3勝、防御率0.96、青柳が3試合で2勝0敗、防御率1.35とするなど、先発陣は揃って好調。リリーフ陣も守護神のスアレス、セットアッパーの岩崎、岩貞と安定している。

充実の投手陣は今季も健在でチーム防御率はリーグトップタイ

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY