楽天・茂木&辰己“覚醒”の影に「脇役コーチ」あり? 専門家が着目する2人の存在

楽天の茂木栄五郎(左)と辰己涼介【写真:荒川祐史】
楽天の茂木栄五郎(左)と辰己涼介【写真:荒川祐史】

GG賞7度、燕&楽天で活躍した飯田哲也氏が好調な2人を分析

 ペナントレースの10分の1余りを消化し、好調な戦いぶりを見せている楽天。古巣に復帰した田中将大はまだ登板はないものの、涌井秀章や岸孝之、則本昂大と強力先発陣は開幕から前評判通りの力を発揮している。一方、打線でも2人の選手が覚醒の気配を見せている。現在打率トップで、本塁打、打点でもリーグ上位につけている茂木栄五郎内野手と、ここまで打率3割をキープし、リーグ2位の5本塁打をマークしている辰己涼介外野手だ。

 ともに大卒野手として、チームの主軸として期待されている2人の飛躍の要因は何か。現役時代にヤクルト、楽天で外野手として7度のゴールデングラブ賞を受賞し、ヤクルトとソフトバンクではコーチを務めた野球評論家の飯田哲也氏は、2人の打撃コーチの存在に着目する。

 飯田氏からまず名前が挙がったのが、ドラフト1位入団でプロ3年目を迎えた辰己だ。今季は開幕から1番に定着。各球団との対戦が一回りした11日時点(以後全て同じ)で、リーグ最多の19安打を放ち、打率.306、5本塁打とリードオフマンとして活躍している。

「オープン戦が良かったので、シーズンに入ってどうかと思ったが、長打の打てる1番打者としていい活躍をしています」と飯田氏は評価。「昨年までは振りがちょっと大きいと思ったが、今年はボール球を見極められるようになって三振が減ったし、確率も上がった」と成長を感じている。

 さらに「追い込まれるまでは、ファーストストライクから強振してくる。あれだけ振られると、相手チームにとっては厄介な存在でしょう。さらに追い込まれたらファールで逃げたり、コンパクトなスイングで逆方向にヒットを打つことができる。本当にいいバッターになったと思います」と感心する。

 一方、昨季からキャプテンを務める茂木は、昨季の本塁打王・浅村栄斗の後を打つ5番として、打率.375、4本塁打、13打点とポイントゲッターとしての役割を果たしている。

渡辺直人、鉄平両打撃コーチの存在を強調「ホームランバッターでもなかった」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY