球団史上3人目の40代勝利 衰え知らずの鷹・和田毅が“年齢”を感じる瞬間は?

ソフトバンク・和田毅【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・和田毅【写真:藤浦一都】

オリ山本との投げ合いに「僕が0点に抑えることができれば負けることはない」

 14日にPayPayドームで行われたオリックス戦で球団では20年ぶり、3人目となる40代勝利を手にしたソフトバンクの和田毅投手。今季3試合目の先発マウンドに上がると、7回途中まで4安打無失点に抑える好投を見せ、今季初勝利をマークした。

 オリックスには3連敗中、しかも、相手の先発は球界屈指の好投手である山本由伸投手だ。登板前からベテランの和田は堅く決意した。「相手は山本くん。あれだけの投手なんで1点を取るのも至難の業。僕が0点に抑えることができれば負けることはない」。その思いの通り、オリックス打線に1点も与えなかった。

 初回を3人で片付け、流れを呼び込むと、2回に松田の適時打で先制点をもらった。周東、今宮、そして松田らバックの好守にも助けられて得点を許さず「全体的に良かった。気持ちで相手を上回れるようにというのをテーマにしていた。そのおかげか、いい当たりが正面に飛んだりとか、野手がアウトにしてくれたり、助けられてゼロに抑えられた」と振り返った。

 足が攣ったために7回途中で降板となったが、わずか4安打に封じる好投。1991年の今井雄太郎、2001年の長冨浩志以来、球団20年ぶり3人目となる40代白星を手にした。また偉大な記録を残したベテラン左腕だが、「それだけ長くやらせてもらっているからだと思います。3人目はピンとこないですね」と淡々としたものだった。

年齢を感じる瞬間は「若者の言葉が分からない」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY