「月に1回、注射を打っていた」巨人エース候補だった20歳、手術を決断した背景と今

巨人・直江大輔【写真提供:読売巨人軍】
巨人・直江大輔【写真提供:読売巨人軍】

勝利投手の権利まであとアウト1つで降板…直後に手術を受けた理由は?

 昨年10月に腰のヘルニア手術を受け、復活を目指している巨人の高卒3年目、直江大輔投手。現在はファームで順調に調整を重ね、1軍復帰を視界に捉えている。昨年8月にプロ初登板すると、9月21日の広島戦(東京ドーム)ではあとアウト1つで初勝利というところで、2失点で降板。その直後に手術へ踏み切った。決断の背景と描く未来に迫った。【楢崎豊】

 表情が明るいのは降り注ぐ光のせいだけではない。直江大輔投手は巨人3軍-関西独立リーグ選抜戦(ジャイアンツ球場)に登板し、4回3安打無失点、17日にはルートインBCリーグ交流戦・茨城との試合に先発し、5回1失点の好投を見せるなど、着実に1軍のマウンドが見えてきた。

 もう腰の痛みに悩まされなくてもいい――。

 直江は10月のヘルニア手術後、リハビリを重ね、3月24日に実戦復帰。武蔵大相手に2回2失点も自責は0。「(内容は)良くなかったですが、手術を受けて半年ぶりのピッチングだったので、投げられたことが素直に嬉しかったですし、周りの人への感謝の気持ちがいっぱいでした」と振り返った。

 最速148キロの力のある直球、制球もいい。そのポテンシャルの高さに将来を嘱望された昨年のデビューだった。しかし、裏では痛みと戦っていた。

「月に1回くらいのペースで注射を打っていました。なので、やれる範囲でやっていたという感じです。腰を痛めたのはプロに入ってからで、いきなり痛みがきました」

 投げられる範囲の全力。それでも力の片鱗は見せた。だが、プロはそうは甘くない。球団は早い決断を下し、2021年シーズン中に万全になるように昨季の最終登板から時間をかけずに手術に踏み切った。

 今季1軍未登板ながら、周囲から“新人王候補”という声も聞こえる。だが、本人は苦悩と戦いながらのリハビリだった。

「手術をした直後はここまで投げられる姿が鮮明に見えてこなかったんです」

 例えば、風邪をひいて、数日間、動かなかっただけでも体がすごく変わってしまうように感じた。下に落ちているものを、腰を曲げて取ることができなかった。どんな時も膝を曲げて、腰を下し、ものを拾った。パンツやズボンもスムーズに履くことができない。風呂に入る姿勢も制限された。

「いろいろ細かいんですけど、気をつかって動かなくてはいけなかったりするのは大変でした。それでもリハビリを頑張れたのは、周りの方のサポートがあったからだと思っています」

巨人の未来を担える男の本心「昨年以上のものを出せる」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY