10試合連続無失点、鷹の守護神を支える“トクホ飲料”…毎日飲んで減量に成功

ソフトバンク・森唯斗【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・森唯斗【写真:藤浦一都】

2試合連続でセーブを記録「自分のボールもいい感じで投げられている」

■ソフトバンク 4ー1 楽天(21日・PayPayドーム)

 ソフトバンクの守護神・森唯斗投手が、21日の楽天戦(PayPayドーム)で2試合連続のセーブを記録した。ここまで11試合に登板し、10試合連続無失点で無傷の1勝6セーブと役目を果たす。オフから取り組んできたダイエットの効果が、球の質にも現れているという。

 この日の登板では、松田宣浩のエラーで走者を許し、その後のヒットで一、三塁のピンチを背負うも最後は茂木を空振り三振に。「ゼロで帰ってこられたし、チームが勝てたのでそこが一番かなと思います」と淡々と話した。さらに「ここまで順調に来ていますし、自分のボールもいい感じで投げられています。10試合連続(無失点)とは言っても、いつかは打たれるときは来るので気にしないようにしています。打たれないことを目指してやるだけですね」と言う。

 15日には左肘の腫れからベンチ入りメンバーからも外れた。普段から体の強さに自信を持つ森だが「結構腫れていて力も入らなった。曲げるのも動かすのも辛かったので相談させてもらいました」と振り返る。それでも、17日にチームに合流。18日には同点の9回に登板して3者凡退に抑え、中村晃の同点弾を価値あるものにしてみせた。

 プロ1年目から7シーズン継続している50試合登板には強いこだわりを持つ。だが、それ以上に「チームのリーグ連覇と5年連続日本一が1番の目標。チームが勝つための力になりたい」と語る。

 この楽天との2連戦では、ブルペン陣が気を吐いた。工藤監督は「今のリリーフは完璧ですよ」と胸を張り、森も「ブルペンの雰囲気はものすごくいいですよ。みんな抑えていますし、若い子も頑張っているのでね」とブルペンリーダーとして自信をみなぎらせる。

サントリーから特茶1年分の贈呈も、現在は92キロ

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY