甲子園で8強、日体大では4番… オリックス右腕の兄はなぜ女子野球の監督に?

開志学園・漆原大夢監督【写真:学校提供】
開志学園・漆原大夢監督【写真:学校提供】

開志学園の漆原大夢監督が女子野球について語る

 第22回高校女子硬式野球選抜大会(3月27日~4月2日、埼玉・加須市)で初優勝した開志学園の漆原大夢監督が「Full-Count」のインタビューに応じた。優勝までの道のりを語った前編に続き、後編では指導者への転身の経緯や弟であるオリックスの漆原大晟投手への思いを語った。【石川加奈子】

 最終回の7回に3点差をひっくり返して履正社に逆転勝ちした4月2日の決勝後、漆原監督のスマホには多くの祝福メッセージが届いた。その中には仙台での楽天戦を控えていた大晟投手からのものもあった。「すぐにおめでとうと連絡をもらいました。これに満足せずに頑張っていくと返信すると、弟からは何とか良い1年になるよう頑張りますと返ってきました。去年、結果が出た時にもすぐに連絡をくれましたし、気にかけてくれています」と感謝する。

 オリックスのリリーフとして期待される弟とは週に2、3回連絡を取り合う仲良し兄弟だ。「私が野手出身なので、ピッチャー目線のアドバイスをもらったりします。技術的なことよりも考え方など勉強させてもらっています」と野球談義に花が咲く。

オリックス投手の弟・大晟とは頻繁に連絡を取り合い意見を交わす

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY