一気に6キロ更新の150キロ計測… 水城の166センチ“小兵”右腕が目指す兄の背中

最速150キロを計測した水城・樫村佳歩【写真:川村虎大】
最速150キロを計測した水城・樫村佳歩【写真:川村虎大】

「強いチームに勝ちたい」敢えて常総学院を選ばず

 高校野球の春季茨城県大会2回戦が25日に行われ、ノーブルホームスタジアム水戸では、水城が昨秋の県ベスト4・霞ヶ浦を相手に7回に6点を奪って6-2で逆転勝ちした。勝利の立役者はエース・樫村佳歩投手(3年)。常総学院で2016年に甲子園に出場した兄の雄大さんとは敢えて違う道に進んだ。

 4兄弟の三男として生まれ、常に兄の背中を追ってきた。長男の雄大さんは常総学院だったが、次男の昌樹さんは水城に進学。夏の茨城予選でベスト8という結果を残した。樫村が選んだのは、常総学院ではなく水城。「強いチームに勝ちたい。次男が水城に行って甲子園に出場できなかったので、水城で甲子園を目指そうと思いました」。敢えて厳しい道での甲子園を目指した。

 身長166センチにも関わらず、マウンドでは大きく見える。1週間前にフォームを変えた影響で、制球は安定しなかった。それでも追い込むと打者の内角をえぐるストレートで、霞ヶ浦打線から13個の三振を奪った。今までの最速は144キロだったが、球場設置のスピードガンでは150キロを計測した。

監督も認めるエースの自覚 マウンドでの笑顔の理由

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY