新助っ人ロハスJr.も使えない? 好調な阪神・矢野監督は外国人枠をどうする…

好調阪神を支えるサンズ、スアレス、マルテ、ガンケル(左上から時計回り)【写真:荒川祐史】
好調阪神を支えるサンズ、スアレス、マルテ、ガンケル(左上から時計回り)【写真:荒川祐史】

25試合を終えて18勝7敗でセ・リーグ単独首位に立つ阪神

 阪神が好調を維持している。開幕からちょうど1か月が経ったプロ野球。セ・リーグで16年ぶり優勝を目指す阪神は25試合を消化して18勝7敗0分の貯金11とし、2位のヤクルトに3ゲーム差をつけて首位に立つ。一時8連勝をマークするなど、スタートダッシュに成功した。

 この阪神の好調ぶりを支えているのが、現在1軍でプレーしている4人の助っ人外国人たちだ。ジェリー・サンズ外野手、ジェフリー・マルテ内野手、ジョー・ガンケル投手、ロベルト・スアレス投手。揃ってチームに欠かせぬ活躍を見せている。

 現在リーグトップのチーム打率.264、123得点を叩き出す攻撃面で牽引しているのがサンズ、マルテの2人。サンズはここまで打率.300、7本塁打20打点を記録し、打点はリーグトップ、本塁打も同3位。マルテも打率.293、6本塁打14打点を記録している。大山悠輔内野手、ルーキーの佐藤輝明内野手と構成する中軸は破壊力満点となっている。

アルカンタラとロハスJr.は来日が遅れて現在ファームで調整中

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY