充実先発陣のオリックスが“台風の目”に 前指揮官が語る優勝への課題とは

オリックス・中嶋聡監督【写真:荒川祐史】
オリックス・中嶋聡監督【写真:荒川祐史】

先発陣は山本&山岡の両輪に高卒2年目の宮城が台頭

 混戦模様のパ・リーグでオリックスが調子を上げてきた。西武3連戦(4月20-22日)で今季初の同一カード3連勝を飾るなど、最大6あった借金は3つ(10勝13敗4分け)にまで減った。現役時代はロッテで活躍し、監督としてロッテ(2010-12年)、2019年から昨季途中までオリックスを率いた西村徳文氏に今後の展望などを聞いた(成績はすべて4月25日時点)。

 強みは先発投手の充実ぶりだろう。山本由伸&山岡泰輔というリーグを代表する両右腕に、先発に配置転換された増井浩俊、田嶋大樹&山崎福也という左腕が控える。そして高卒2年目の宮城大弥が4試合に登板して2勝0敗、防御率1.26と圧巻の成績を残している。急性胃腸炎のため4月23日に出場選手登録を抹消されたが、抹消までの登板全4試合でクオリティスタート(6回以上を投げて自責点3以下)を果たした。

「昨年私がオリックスの監督を辞めた頃はファームで投げ始めたくらいでしたが、素晴らしいボールを投げるという報告を得ていました。シーズン後半に1軍を経験するなど育成がうまくいったのだと思います。技術面では何といってもスライダーをでしょう。インステップして投げるので、左打者は対応が難しいのではないでしょうか」と復帰後の更なる飛躍を期待する。

 ここまで計7投手が先発し、クオリティスタートは18試合。勝ち運に恵まれなかった山岡も登板5戦目で初勝利をマークし、「これでまた変わってくるはず」と西村氏は語る。

 ただ、上位浮上には野手の奮起が必要と指摘する。「投手が頑張っている割に順位は低い。昨年もそうでしたが、外国人選手が機能してくれないとなかなか得点力が上がらず、勝利に結びつきません」。

ポイントは外国人の起用法とリーグワースト失策数の守備力向上

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY