12球団唯一“1桁本塁打”…なぜ中日で大砲育たない? 続々と中距離打者になる現実

中日・与田剛監督【写真:荒川祐史】
中日・与田剛監督【写真:荒川祐史】

ビシエドの離脱、新助っ人ガーバーの合流遅れが響き…まだ8本塁打

 2年連続Aクラスと10年ぶりのリーグ優勝を目指す中日は、26試合を消化した時点で5位と苦しい戦いを強いられている。その一因とも考えられるのが、極端な“本塁打欠乏症”。25日時点で、12球団唯一の1桁となる8本塁打。リーグ首位を走る阪神は3.5倍以上の29本塁打で、そのまま得点にも跳ね返っている。今季に限らず、近年直面している課題。広いバンテリンドームの影響は否めないものの、大砲候補として期待された打者たちがそろって「中距離打者」になっていった現実も見え隠れする。

 8本塁打の内訳は、阿部寿樹と木下拓哉が2本ずつで、ビシエド、A・マルティネス、武田健吾、京田陽太が1本ずつ。何より不動の4番を担うビシエドが上肢のコンディション不良で4月上旬から2週間近く離脱していたことが痛かった。さらに、昨季チーム3位の9本塁打を放ったアルモンテと契約せず、代わりの長距離砲として契約した新助っ人のガーバーは今月に入ってようやく合流。“助っ人頼み”ではいられない現状が、一発不足に拍車をかけた。

 本塁打が出にくく“ピッチャーズパーク”とも言われるバンテリンドーム。一発不足は、なにも今季に限ったことでもない。新型コロナウイルス感染拡大の影響で120試合制だった2020年の70本塁打も、2019年の90本塁打も、12球団最少だった。過去5年で唯一3桁に達している2017年は、のちに巨人に移籍するゲレーロが35発を放って本塁打王を獲得。やはり助っ人次第でもあった。

 球団にとって、和製大砲の誕生は喫緊の課題。福田永将は2016年から4年連続で2桁本塁打を放ったが、昨季は故障もあって5本塁打どまり。今季も故障の影響で出遅れ、まだ一発は出ていない。中軸を担うキャプテン高橋周平も、2018年こそ11本塁打を放ったが、2019年からの2年間は.293と.305と打率を残した一方で、2年とも7本塁打。今季はまだ1本も出ていない。

高橋周平も平田良介も中距離打者として台頭、未来の“候補”は?

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY