4点ビハインドでもなぜ勝ちパターン投入? 苦しむ鷹の先発陣と前日219球による代償

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

28日の日本ハム戦でビハインドの状況でも泉や岩嵜、モイネロを投入した

 ソフトバンクは28日、本拠地PayPayドームで行われた日本ハム戦に3-4で敗れ、今季2度目の4連敗を喫した。先発の和田が6回途中4失点で降板すると、ビハインドの状況にもかかわらず、そこから津森、泉、嘉弥真、岩嵜、モイネロと勝ちパターンの投手を投入。なんとか反撃を目指したものの、試合をひっくり返すまでには至らなかった。

 和田は2回に大田の適時打で先制点を許すと、5回には郡の適時打で1点を加えられた。6回には近藤に2ランを浴びて計4失点となり、ここでマウンドを降りることになった。

 味方打線は無得点が続いており、この段階では4点のビハインドだったが、工藤監督は2番手にここまで12試合に登板している津森を投入。さらに7回からはチーム最多の14試合に登板している泉と嘉弥真、8回と9回にはセットアッパーの岩嵜とモイネロをマウンドへ送り、勝ち試合のごとく継投策を繰り出した。

「昨日あれだけ投げていて、じゃあ今日も、というわけにはなかなかいかない。今日は負けていても泉くんだったり津森くん、岩嵜くんのところまでは使っていこうと思っていた」

 27日の敗戦が尾を引いていた。投手陣が計11四死球を与えて敗れた前日の試合では4人の投手が計219球を投げた。ビハインドの展開での中継ぎ登板の多いスチュワートJr.が57球、高橋純が36球、杉山が56球とかなりの球数を投げていた。この3人の起用は避けるとなると、勝ちパターンの投手たちを使わざるを得なかった。

モイネロは登板間隔が空いており、本人の「投げたい」という意向もあり9回に登板

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY