送球が顎を直撃する“珍事”にめげず粘投 西武今井の危うい魅力と潜在能力

ロッテ戦に先発した西武・今井達也【写真:荒川祐史】
ロッテ戦に先発した西武・今井達也【写真:荒川祐史】

1回に送球を顎に受け、プロ野球10年ぶり6度目の1イニング2併殺打を演出

■西武 3ー2 ロッテ(28日・メットライフ)

 危なかっしさも魅力のうちなのかもしれない。西武・今井達也投手は28日、本拠地メットライフドームで行われたロッテ戦に先発し、6四球を与えながらも7回2安打2失点の粘投。勝利投手にこそなれなかったが、チームを勝利に導いた。同日現在、5試合1勝2敗、チームトップでリーグ6位の防御率2.40をマークする一方、23与四球と4暴投はリーグワーストである。

 いきなり波乱を巻き起こした。1回、先頭の荻野を四球で歩かせるも、続くマーティンには一ゴロを打たせた。普通なら3-6-1のゲッツーとなる所だが、一塁ベースカバーに入った今井は脱げた帽子を右手に持っていた。帽子に気を取られていたからというわけではないだろうが、なぜか遊撃手・源田からの送球が顎を直撃。マーティンを一塁に生かしてしまった(記録は併殺打とエラー)。

 続く中村奨に適時二塁打を浴び、安田にも四球を与え1死一、二塁としたが、角中を投ゴロ併殺に。図らずも「1イニング2併殺打」というプロ野球で10年ぶり6度目の珍事を演出したのだった。

 ちなみに、今井は長髪を押し込んでいるせいか帽子が脱げやすい。送球を捕り損ねたエラーに、辻発彦監督は「ふかふかした頭をしているから帽子が脱げやすいんだろって! 帽子を気にしている場合じゃないだろって! 顎だから(怪我などが)怖かったよ」と目を白黒させつつ、「顔に当たってちょっと目が覚めたかな。よく投げたと思うよ」と続けた。

「細ダルビッシュ」の異名、潜在能力は折り紙付き

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY