ダルビッシュやCY賞左腕を次々獲得… 斎藤隆氏が語る“変わり者”パドレスGMの真骨頂

パドレスのAJ・プレラーGM【写真:Getty Images】
パドレスのAJ・プレラーGM【写真:Getty Images】

地区8連覇中のドジャースを止めるべく、オフに先発3投手を補強

 ドジャースが地区8連覇と圧倒的な強さを誇るナ・リーグ西地区で、今季その牙城を崩そうという勢いを見せるチームがある。15年ぶりの地区優勝を狙うパドレスだ。フェルナンド・タティスJr.、マニー・マチャド両内野手といった活きのいい打者に加え、オフにはダルビッシュ有、ブレイク・スネル、ジョー・マスグローブと先発3投手を補強。チームを一気に完成形に近付けた。

 22歳のタティスJr.に14年総額3億4000万ドル(約367億円)の大型契約を提示したり、まさかの先発3枚獲りに踏み切ったり、球界を驚かせるニュースを提供し続けた中心人物が、AJ・プレラーGMだ。2014年8月の就任以来、万年Bチームだったパドレスを着実に強化してきたプレラーGMとは、どんな人物なのか。2015年から2019年までアドバイザーとして、パドレスのフロントオフィスで経験を積んだ元メジャー右腕・斎藤隆氏に聞いた。

 細身で中背の体に、オーバーサイズのシャツとベージュのチノパン。サファリハットを被り、スコアカードを片手にバックネット裏からグラウンドへ注ぐ眼光は鋭い。だが、物腰柔らかい口調で話す、ややもすると頼りなさげな様子のこの男性を、一見してメジャー球団のGMと見抜ける人はいないだろう。斎藤氏も「パドレスにいた頃『あの人がうちのGMだよ』と言っても、必ず『え、どの人?』と聞き返されました」と笑いながら振り返る。

 ニューヨーク州出身の43歳。名門・コーネル大学でルームメートだったジョン・ダニエルズ(現レンジャーズ球団社長)に触発され、メジャー球団のスカウトやフロント業務に興味を抱くようになった。卒業後にフィリーズのインターンとして球界に足を踏み入れると、ドジャースでは名スカウト、ドン・ウェルキ氏に師事。2005年、ダニエルズのレンジャーズGM就任に伴い、同球団の国際スカウト部長に就任すると、中南米からアジアまで所狭しと飛び回り、スカウティング活動に励んだ。2014年にパドレスGMに就任した後も、いい選手がいると聞けば自ら足を運んで視察を続ける。

「彼は1年中、24時間ずっと野球のことだけを考えている、そういう人です。もちろん、趣味のバスケットボールをする時間もあるけれど、晩ご飯を一緒に食べに行っても、お酒の席になっても、ずっと野球の話。『この選手とこの選手だったらどちらがいい?』と選手の評価を聞くんです。聞かれた方は自分の選手の評価方法を試されているようで、一気に背筋が伸びてしまう(笑)。まさに野球脳の持ち主ですよね」

 その頭に蓄積された情報量は桁違いだ。メジャーからドミニカンリーグまで、パドレス傘下8チームに所属する150人超の選手のデータはもちろん、他球団のマイナー選手の情報も網羅。アマチュア選手に関する情報量も豊富で、ドラフト直前に行われる球団内のミーティングでは「スカウトが報告する話を彼はすでに知っていて、漏れた情報について『これはどうなっているの?』と聞く。だから、パドレスのスカウティングレポートは、野球に関することから性格や家族環境まで、本当に細かいものでした」と斎藤氏は語る。

口癖は「ディテール」、フロント内での白熱した議論を“演出”

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY