巨人から2年連続ドラフト指名も2年で引退… 戦力外知った夜に憧れの先輩からの“温情”

2018年まで巨人でプレーした松澤裕介さん【写真:本人提供】
2018年まで巨人でプレーした松澤裕介さん【写真:本人提供】

巨人から2度指名、支配下登録は叶わなかった松澤裕介さん

 巨人から異例の2年連続ドラフト指名を受けて入団したが、東京ドームに立つことは叶わなかった。背番号は3桁のまま、わずか2年でユニホームを脱いだ。それでも今、屈託のない笑顔の子どもたちと向き合い、淀みなく第2の人生を過ごす。いつも胸には、巨人時代から兄のように慕う先輩の言葉を刻む。

「こんにちは!マッチでーす!」

 お決まりの自己紹介で、あっという間に子どもたちの心を掴む。表情は柔らかく、温かい。2018年まで巨人で外野手としてプレーした松澤裕介さんは、地元の愛知県で指導者として精を出す。

 岐阜・朝日大から2015年に独立リーグ・四国アイランドリーグplusの香川オリーブガイナーズに入団。シーズン打点王に輝き、その年の育成ドラフトで巨人から3位指名を受けた。しかし直後に左手の故障が発覚し、無念の入団辞退。1年後のドラフトで再び育成8位で名前が呼ばれ、入団にこぎつけた。

 まずは支配下登録、そして東京ドームでの躍動……。夢見ていたNPBでの生活は早速つまずいた。1年目の夏以降、恥骨の痛みに苦しんだ。診断の結果は疲労骨折。悪化しないように治療しながらのプレーが続いた。

「試合前日の夜の過ごし方を変えたり、練習の2時間前に球場に行ってストレッチをしたり、野球に全てを捧げました。でも、1軍で活躍するみなさんはそういうことを当たり前にされていた。怪我をしないと気付かない部分でもありました」

 巨人での日々が故障一色にならなかったのは、ひとりの先輩との出会いが大きかった。3軍で迎えた1年目の春季キャンプ。怪我で調整中だった片岡治大・現3軍野手総合コーチもメンバーに入っていた。フルスイングが持ち味の自分とはタイプが違ったが、プレースタイルに憧れていた存在。このチャンスを逃すまいと、毎朝「おはようございます!今日寒いですね」などと話しかけ続けた。

 4度の盗塁王を誇り、2008年には最多安打のタイトルも獲得した10学年上の大先輩は、懐が深かった。一緒にノックを受けたり、食事に呼んでもらったりするような間柄に。片岡さんが2017年限りで引退し、翌18年からコーチに就任してからは、守備の指導を受け続けた。

フェニックスL参加中に帰京の指示、前夜に片岡コーチに呼ばれ…

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY