球場に行けば必ず会えるから どんな試合でも“ごきげん”な「マスコット女子」の生態?

ヤクルトのマスコット・つば九郎【写真:荒川祐史】
ヤクルトのマスコット・つば九郎【写真:荒川祐史】

個性豊かな魅力に溢れる球団の顔、会うために球場へ足を運ぶ

 野球が好きな女子――。ひとくちに言っても、「好き」のベクトルは多岐に渡る。応援する選手やチーム、見たい視点はそれぞれ異なる。しかし、異なる属性のメンバーがいるからこそ、一つ一つの特徴を掘り下げてみたら……?「野球観戦をもっと楽しく」を合言葉に活動する野球好き女子のコミュニティ・NFBとFull-Countのコラボ企画『野球女子の生態図鑑』第3弾では球団それぞれのマスコットキャラクターを愛でる、「マスコット女子」について紹介する。

「球団マスコット」と総称される、個性豊かな魅力に溢れる球団の顔が存在する。そんな彼らに会うことを楽しみに日々球場へ足を運ぶ──それがマスコット女子だ。

 マスコット女子は、試合前後やイニング間、そしてオフシーズンのイベントなどで見られる球団マスコットのパフォーマンスに、選手のプレーとは一味違った楽しさを見出している。「試合と同じくらいマスコットを見ることも野球観戦の中心となっている」と話してくれたのは、NFBのマスコット女子・akinaだ。

 彼女がマスコット女子に目覚めたきっかけは、神宮球場での観戦の日だった。メジャーリーグから帰ってきたヤクルト・青木宣親外野手を応援するために地元・関西から神宮球場へ遠征したのだが、試合前とイニング間のつば九郎のパフォーマンスに目を奪われた。

「もともとつば九郎は好きだったけど、つば九郎が選手と絡むことで試合中とは違う表情を引き出していることを、テレビやネットなど画面越しでは無く球場で見ることで、より強く感じた。『今日の一言』などで球場の笑いをとっている様子を見てから、どんどん球団マスコットの魅力にハマっていった」(akina)

 今では、最推しのマスコット・つば九郎が関西に来る日や、神宮で他球団のマスコットと一緒になる日に合わせて、観戦の計画を立てているという。

 イニング間は一時離席する観客も多いが、この時間のパフォーマンスを楽しみにするakinaにとっては、「トイレに行くタイミングを逃しがち(笑い)」と話すほど目の離せない時間だそうだ。

試合に負けても「今日もつば九郎が可愛かったから満足!」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY