中日・根尾、ようやく打率2割でもスタメンである“正当性” 12球団トップの数値とは?

中日・根尾昂【写真:荒川祐史】
中日・根尾昂【写真:荒川祐史】

ここまで26試合でスタメン出場、5月の打率は.412と上り調子

 プロ3年目で初の開幕1軍をつかみ、奮闘を続けている中日の根尾昂内野手。4日のDeNA戦(バンテリンドーム)ではプロ1号となる満塁本塁打を放ったものの、打率は1割台と低迷してきた。8、9両日の広島戦(同)で2試合連続で2安打を放ち、ようやく2割台に。打撃で存在感を見せているとは言えない中、スタメン起用が続くのはなぜか――。データでは、打席以外での大きな貢献も示している。

 根尾はここまで28試合に出場し、打率.217(83打数18安打)、11打点、1本塁打をマーク。チームが36試合を消化した時点で、26試合に外野でスタメン出場している。打順は主に下位の8番。得点圏打率.208と物足りなさも感じるが、首脳陣は二十歳の若き才能に1軍舞台で経験を積ませている。

 もちろん、外野陣の“役者不足”も根尾には追い風となっている。平田良介は不調で2軍調整中。代わりに1軍登録された新助っ人のマイク・ガーバーは昇格後の8試合で打率156、0本塁打、1打点と低迷し、9日の広島戦(同)ではついにスタメンを外れた。根尾が初めて右翼に回ることになり、福田永将が左翼でスタメン出場した。他の外野メンバーを見ても、井領雅貴は左の代打、武田健吾は守備固めの色合いが濃くなっている。

 グランドスラムも飛び出すなど、5月に入って打率.412と好調な根尾。ただ、開幕直後からバット以外でもチームに貢献してきた事実がある。突出しているのは守備面。セイバーメトリクスの指標などを用いてデータ分析などを行う株式会社DELTA(https://1point02.jp/)の指標を見るとよく分かる。

守備の総合指標「UZR」では規定到達の左翼手で12球団トップ

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY