ハーラートップ5勝の楽天ドラ1早川隆久 データが示す勝てる“長所”とは?

楽天・早川隆久【写真:(C)Rakuten Eagles】
楽天・早川隆久【写真:(C)Rakuten Eagles】

16日に行われたオリックス戦で98球で初完封を飾った

 16日に敵地・京セラドームで行われたオリックス戦で、プロ入り初完投を初完封で飾った楽天のドラフト1位ルーキー・早川隆久投手。オリックス打線をわずか3安打に封じ、9回までに要した球数はわずか98球。100球以内で完投する「マダックス」だった。

 4球団競合の末に早大から楽天へと入団した早川は開幕ローテ入りを果たすと、ここまでその前評判に違わぬ好投を続けている。初完封でハーラー単独トップの5勝目をマーク。ここまで8試合に登板して5勝2敗、防御率2.82と安定した成績を残している。

 ここまで安定した投球を見せている早川だが、一体、どこに優れているのだろうか。セイバーメトリクスの指標などを用いてデータ分析を行う株式会社DELTA(https://1point02.jp/)のデータを用いて、左腕の投球を分析してみたい。

多くの投球指標において球界で上位の指標を残す

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY