DeNAが今季3度目の5連敗 佐野を4番から外す新打線も…三浦監督「あと1本が出ない」

DeNA・三浦大輔監督【写真:小谷真弥】
DeNA・三浦大輔監督【写真:小谷真弥】

不動の4番・佐野には「良さ(出塁率、打率)を生かすために3番にしました」

■中日 5ー1 DeNA(18日・横浜)

 DeNAが早くも今季3度目の5連敗(2引き分けを挟む)を喫した。18日、本拠地・横浜スタジアムで行われた中日戦に1-5で完敗した。打線を組み替え、昨季から4番に定着している主将の佐野恵太外野手を3番に上げたが、結果的に裏目に出た。4月9日から同22日にかけて2引き分けを挟んで10連敗しているDeNAが、またもや長いトンネルに入ってしまったのか。

 佐野は試合前の時点で打率.309、出塁率.386をマークしていたが、得点圏打率.227が4番としては物足りなかった。4番から外れるのは今季44試合目で初。昨季も故障でスタメンから外れたり欠場した試合を除き、先発した105試合は全て4番だった。代わりの4番には、打率.305、6本塁打、出塁率.411、得点圏打率.350(試合前時点)のオースティンが座った。

 三浦大輔監督は試合後、「佐野の良さ(出塁率、打率)を生かすために3番にしました」と説明。佐野自身とも試合前に話し合ったことを明かし、「僕も考えましたし、本人とも話しました。意図を説明して、もちろんすっきりした気持ちで試合に臨んでくれたと思います」と語った。

期待の新4番オースティンは4打数無安打3三振と結果を残せず

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY