なぜ捕手のサインに7度も首を振ったのか? 最下位DeNAを象徴する“チグハグ”

DeNA・嶺井博希(左)と大貫晋一【写真:荒川祐史】
DeNA・嶺井博希(左)と大貫晋一【写真:荒川祐史】

8球を費やしてカウント3-2…7度首振って投げたスライダー

■中日 5ー1 DeNA(18日・横浜)

 リーグ最下位に沈むDeNA。苦しいチーム状態を象徴するかのようだと注目されたのが、18日の中日戦で先発の大貫晋一投手が嶺井博希捕手のサインに7度も首を振ったシーンだ。三浦大輔監督は翌19日、「あえて捕手から“首を振れ”とサインを送るケースもあります。昨日がどちらだったかは言えませんが……」と煙に巻いた。【宮脇広久】

 3回1死走者なしで、中日の5番・高橋周平内野手を迎えた場面だった。すでに初回の第1打席で初球のツーシームを左前適時打にされており、大貫にとっては要警戒の打者だった。この打席では速球、ツーシーム、カーブ、スプリット、チェンジアップを駆使するもファウルで粘られ、8球を費やしてカウント3-2。9球目を前に、嶺井から出たサインに7度も首を振った。

 たまらず一呼吸を置いた嶺井。仕切り直して出したサインにようやく大貫は頷き、この試合で高橋周に対して初めてスライダーを投じたが、低く外れて四球となった。結局、大貫は4回途中10安打4失点でKOされ、今季4敗目(1勝)を喫した。

 翌19日の同カードは雨天中止となり、リモートで報道陣に応じた三浦監督は「首振りのサインもあります」と語った。とはいえ「大貫(の投球)が良くなかったのは確か。試合後にバッテリーで話をしているし、投手コーチやバッテリーコーチとも話しています」とも付け加えた。実際、配球を探る打者を幻惑するために、必要以上に捕手のサインに首を振ってみせるケースはある。しかし大貫の場合は、自らリズムを崩しているようにしか見えなかった。

相棒の捕手も不動の存在がいない状況…44試合で5人を起用

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY