スキー旅行にバイク免許「人生が楽しい」 引退の概念に囚われない五十嵐亮太氏の今

ヤクルトなどで活躍した五十嵐亮太氏【写真:荒川祐史】
ヤクルトなどで活躍した五十嵐亮太氏【写真:荒川祐史】

昨季を限りに23年のプロ生活に幕「ひたすら今の人生をエンジョイ」

 昨年を限りに23年のプロ野球生活にピリオドを打った五十嵐亮太氏。千葉・敬愛学園高から1997年ドラフト2位でヤクルト入りした右腕は最速158キロの速球を武器に、日米通算906試合登板、70勝41敗70セーブの記録を積み上げた。

 米球界、ソフトバンクを経て再加入したヤクルトで迎えた現役最後の試合は2020年10月25日の中日戦。8回表。何千球と腕を振った神宮球場のマウンドに上がると、打席に立つシエラを初球の真ん中高めストレートで三塁ゴロに仕留めた。わずか1球。もう少し長くその雄姿を見たいと願うファンもいただろうが、涙なく、終始浮かべた笑顔と合わせ、五十嵐亮太“らしさ”の詰まった引退試合となった。

 あれから7か月。新たな生活をスタートさせた五十嵐氏は「とにかく楽しい! 人生が楽しい!」と、現役時代と変わらない笑顔を浮かべる。テレビなどで野球解説を務めながら、いろいろな可能性にチャレンジする毎日。まもなく42歳を迎える元プロ野球選手が挑むチャレンジの一端を明かしてもらった。

 高校を卒業し、いわゆる社会人になってから初めて迎えた“野球をしない”生活。毎年シーズンが終わると、翌年2月のキャンプインに向け、オフの過ごし方を考えていたが、もうその必要はなくなった。ある程度の違和感を覚悟していたが、待っていたのは「ひたすら解放された気分だった」という。

「自分が引退すると決まってから気持ちの整理がついていったのか、『今の時期はこれをやっているのに』って思わなかったんですよ。『さあ、次は何をしようかな』という中で、解説をはじめ野球に携われるお仕事をいただいたり、現役中にはできなかったことをやったりしてきたので、ひたすら今の人生をエンジョイしている感じです」

 引退してまず最初に行ったのは、スキーだ。北海道生まれの北海道育ち。小学4年で千葉に引っ越したが、スキーの国体選手だった父の影響もあり、幼い頃から親しんでいた。だが、大怪我を負うリスクを考慮して、プロ入り後は雪山へ思いを馳せながらも「野球をやる楽しさだったり、仕事への責任感が勝っていた」とスキーを封印。引退すると真っ先に禁を解いた。

「楽しかったですね~。あの白い雪景色、最高でした。2泊3日で家族と一緒に新潟へ行ったんですけど、久しぶりにあんなに積もった雪を見て、僕も娘も息子もかなり興奮してしまい、夜遅い時間だったのに駅のホームで速攻雪合戦ですよ(笑)。次の日の朝イチから帰宅する直前まで、たっぷり滑って。これで滑れなかったら何だって話なんですけど、ちゃんと滑ったのは小学生以来なのに結構滑れたんです」

 真っ白なゲレンデの上に立つと、子どもの頃、体に染み込んだ感覚と技術が、あっという間に甦ってきた。「どんどん攻めて滑れた」とコースの難易度を上げ、最終的には超上級者コースに挑戦も「ズタズタにコケました」と大笑いする。

「恐怖と向き合うというか、スリルを求めてしまいました(笑)。見事にコケるから、本当に雪だるまみたいになっちゃって。ゴールにたどり着くまで、めちゃ格好悪かった。でも、これもまた新鮮な楽しみで、骨折したとしても自業自得。やりたかったことが1つ、チェックリストから消えました」

バイク免許取得に家事参加「新しい人生のスタートですね」

RECOMMEND

RELATED