阪神・佐藤輝明は交流戦も「変わらず打てる」 初代“首位打者”が着目するステップ幅

阪神・佐藤輝明【写真:宮脇広久】
阪神・佐藤輝明【写真:宮脇広久】

2005年西武時代に交流戦打率4割をマークした石井義人氏が解説

 25日から日本生命セ・パ交流戦がスタートする。注目は阪神の大物ルーキー・佐藤輝明内野手と、パ・リーグの力のある投手たちとの対戦だ。2005年に交流戦の初代“首位打者”となり、横浜、西武、巨人と両リーグで活躍した石井義人氏は「(佐藤輝は)変わらず打てると思う」と太鼓判。内角球への対応次第で本塁打の量産も期待できるという。

 阪神はロッテ、西武、オリックスと交流戦を戦っていく。もし、対戦があるとすれば、ロッテ・佐々木朗や西武・平良、オリックス・山本らのストレートに対して、佐藤輝がどのように対応していくか、野球ファンの楽しみ、期待は広がる。

 パ・リーグはスピードボールで真っ向勝負をしてくる投手が多い印象だ。約2か月とはいえ、慣れてきたセ・リーグ投手から、対戦のないパ・リーグ投手の対応に佐藤輝は苦しむのではないだろうか。だが、石井氏は横に首を振る。

「僕は逆に楽に打てるのではないかと思っています。佐藤選手はストレートに強いわけですから、真っ直ぐ勝負が多いとなれば、ボールは絞りやすくなると思います」

 佐藤輝の打撃フォームにポイントがある。石井氏は大物ルーキーを初めて映像で見たとき「ステップが狭い。だから軸や目線のぶれがなく、ボールに対応できる打者」と感じたという。現役時代の自分自身がそうだったからだ。

「ステップが広くなればなるほど、目線はぶれてしまう。基本的に投手が投げてくる球は真っ直ぐか、変化球か、この2種類。そういう曲がる球に対しても、目線がぶれなければ、思い通り、ボールに入っていけます。目線がぶれれば、打ち損じる確率も高い」

 佐藤輝は空振り三振が多いが、崩されたもの、打ち損じは少ない印象だ。石井氏も巧みなバットコントロールでヒットを量産してきた。確実性が高かったのも、そのステップ幅が関係していた。佐藤輝は加えて、パワーもある。

厳しい内角攻めが予想される、佐藤はどうすればいいか…

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY