西武・平良は心配無用? “2年目のジンクス”に陥らない選手の特徴とは…

西武・平良海馬【写真:荒川祐史】
西武・平良海馬【写真:荒川祐史】

新人王前年までに15イニング以上を投げていた投手は…

「2年目のジンクス」とは、若手選手がブレイク翌年、周囲からの研究や前年の疲労の影響などで成績を落とすことを指す。その性質上、前年の新人王がそう言われることは少なくない。

 2020年のパ・リーグ新人王は西武の平良海馬投手だ。高卒3年目ながら、160キロの剛速球を武器に勝ちパターンに定着し、楽天・小深田大翔選手との新人王争いに競り勝った。2021年はその“ブレイク翌年”にあたるわけだが、おそらく“2年目のジンクス”の心配は無用だろう。

 平良の年度別成績を見ると、ルーキーイヤーの2018年は1軍登板が1度もなく、2年目の投球回は24イニングだ。もちろん、2020年開幕前は新人王の条件(1軍通算投球回が30イニング以内)を満たしていた。しかし、2019年のシーズン終盤には、すでに1軍のブルペンに定着し、クライマックスシリーズではセットアッパーとして起用されたという事実は見逃せない。

 平良は新人王を獲得する前年、ブレイクとまでは言えないまでも結果を残した。そして翌年、期待に応えて飛躍しているため、そもそも“2年目のジンクス”の対象には当てはまらないかもしれない。なんにせよ、今季、平良が苦しむ事になる可能性は低いだろう。なぜなら平良のように「前年までに15イニング(新人王資格の半分)以上を投げて」新人王となった投手はこれまでも、2年目のジンクスをものともしていないからだ。

ソフトバンクの高橋礼投手も新人王前年までに30イニングを投げていた

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY