落球で痛恨3点エラーの桑原を“懲罰交代” DeNA三浦監督バッサリ「らしくない」

DeNA・三浦大輔監督【写真:荒川祐史】
DeNA・三浦大輔監督【写真:荒川祐史】

9球ファウルで粘り、15球目で四球を選んだ伊藤光の姿勢を称賛

■オリックス 14ー5 DeNA(26日・横浜)

 セ・リーグ最下位を低迷するDeNAは26日、前日の交流戦開幕戦で大勝したのもつかの間、今季ワーストの14失点で両リーグ最速の30敗目を喫した。本拠地・横浜スタジアムで行われたオリックス戦。先発の大貫晋一投手が2回途中に早々とKOされたのをはじめ、まさかの判断ミスあり、落球ありの残念過ぎる内容で5-14惨敗だった。

 大貫は初回1死から宗に中前打を許すと、続く吉田正に対し背中の後ろを通す暴投で得点圏に走者を背負い、直後に中前へ先制適時打を浴びた。さらに2死満塁からモヤに押し出し四球を与え、みすみす2点を献上した。

 続く2回には、先頭の高卒2年目投手・宮城に中前へプロ初打席初安打を許し、1死後に宗、吉田正に連打を食らいさらに失点。三浦大輔監督はここで早くも2番手・中川にスイッチした。大貫は1回1/3、6安打5失点KO。昨季はチーム勝ち頭の10勝(6敗)、防御率2.53をマークしてブレークしたが、今季はこれで9試合1勝5敗、防御率7.40という別人のような投球が続いている。

 三浦大輔監督は「良くなる兆しが全く見えなかった。ボールが先行し、光(捕手の伊藤光)も苦労していると感じた」と説明。「次回はしばらくない。抹消します」と大貫の2軍落ちを明言した。

交流戦最高のスタートも一夜で暗転…

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY