鷹バレンティンは復活できるか? 苦戦した昨季からの“変化”と騒動の真相

ソフトバンクのウラディミール・バレンティン【写真:藤浦一都】
ソフトバンクのウラディミール・バレンティン【写真:藤浦一都】

2回に今季初本塁打となる勝ち越し弾を放つと、5回には1試合2本塁打となるソロ

■ソフトバンク 9ー3 巨人(28日・PayPayドーム)

 ソフトバンクは28日、本拠地・PayPayドームで行われた巨人戦に9-3で大勝した。「7番・DH」でスタメン出場したウラディミール・バレンティン外野手が2回に今季初本塁打となる勝ち越し弾を放つなど、1試合2本塁打と大暴れ。外国人では史上4人目となる通算300号に王手をかけた。

 眠れる大砲がついに目を覚ましたか。「7番・DH」でスタメン起用されたバレンティンが大仕事だ。同点で迎えた2回、巨人先発の畠が投じた外角低めのカーブを体勢を崩されながらも左翼ホームランテラス席へと運んだ。驚きの一発は今季初本塁打。昨年8月15日のオリックス戦以来となる1軍公式戦での本塁打となった。

 さらに5回2死二塁での第3打席。今度は2番手・桜井のボールを完璧に捉えた。左翼のウィーラーはその場から一歩も動かないほどの当たり。左翼スタンド中段に突き刺さる2号2ラン。「2打席ともいい感触だった。2打席目は完璧な当たりでチームの追加点を取れてよかった」。今季初のお立ち台で笑顔で2本塁打を振り返った。

 昨季、ヤクルトから鳴り物入りで加入したバレンティン。だが、初めてのパ・リーグということもあり、打撃不振に苦しんだ。1軍では60試合に出場して打率.158、9本塁打22打点。怪我で15試合の出場にとどまった2015年以来の1桁本塁打に終わり、8月の半ばから1か月半ほどはファーム暮らし。シーズン終盤の10月に1軍に復帰したものの、ベンチを温める日々が多かった。

「いい時でも悪い時でも野球は楽しむことを心がけている」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY