パ・リーグで最も速く一塁を駆け抜けた選手は? 今季の内野安打一塁到達トップ5

楽天・辰己涼介(左)と西武・源田壮亮【写真:荒川祐史】
楽天・辰己涼介(左)と西武・源田壮亮【写真:荒川祐史】

スイングしてから走り出す内野安打で最速タイムを競う

 息をのむようなホームランもいいが、驚くべきスピードで一塁を駆け抜けてヒットを勝ち取る内野安打も野球の魅力の一つ。2021年シーズン最初のタイムランキングは3月26日の開幕から4月末までの約1か月における内野安打一塁到達タイムのトップ5を紹介する。

 過去のランキングではセーフティバントの時も含めたが、今回はスイングした時のみに絞った。バットにボールが当たってから一塁ベースに触れるまでの間、素晴らしいタイムを叩き出したパ・リーグのスピードスターは果たして誰か?

 まず5位にはパ・リーグ盗塁王2度を誇る実力者・金子侑司外野手(西武)が3秒93のタイムで入った。記録したのは開幕戦の初回。先頭打者として打席に入り、今シーズン最初の打球を内野安打にしてみせたシーンでのことだ。金子は2013年のプロ入り以来“韋駄天業界”の常連として、快足を披露し続けている。誰もが羨む長い足だというのに、それを邪魔にもせず軽快に素早く回転させて疾走する姿は実に美しい。

 外見もキリッとしたイケメンだが、プレースタイルも総じて華麗だ。バッティングでも体勢を崩しながら泥臭く食らいつくようなスイングはあまり見せない。左右どちらの打席でも頭を残して軸回転のスイングに徹している。普通に考えると、しっかりスイングしてから走り出せば、スタートはどうしても出遅れてしまう。そのため、いくら足が速くても好タイムは出にくいはずだが、それでもパ・リーグトップ5に入ったのは見事というほかない。金子の加速力がいかに優れているかがわかる結果だ。

相手守備陣の焦りを誘うガムシャラ走塁の楽天・辰己

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY