大谷一問一答 事故渋滞→電車通勤も冷静対応 周囲の反応は「何もなかったですね」

会見に臨んだエンゼルス・大谷翔平(画像はスクリーンショット)
会見に臨んだエンゼルス・大谷翔平(画像はスクリーンショット)

6回0/3で3安打3失点、乱闘騒動も「厳しいところにいかないと」

■アスレチックス 3ー1 エンゼルス(日本時間29日・オークランド)

 エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、敵地のアスレチックス戦で今季7度目の先発登板に臨んだ。投打同時出場せずに投手に専念。7回途中5奪三振5四死球、3安打3失点と好投したものの、今季初黒星を喫した。

――前回の登板と比べて。体が重いと話していた。
「投げ心地自体は前回よりも良かったかなという感じはしましたね」

――前回、前々回と体が重いと話していた。
「今回は普通でしたね。もともと昨日投げる予定だったので、そういうイレギュラーはありましたけど、体自体はいつも通りだったと思います」

――DH解除した時、DH解除しない時と違いは感じるか。
「そこまで感じないですかね。打撃の内容によって、塁に出ていっぱい走るとなると、多少疲労感は変わってくると思いますけど、そこまで大きな違いはないかなと思います」

――あわや乱闘の1球があった。
「特に何も考えてなかったですね。もちろん近いボールで、危ないは危なかったですけど、(カナは)もちろんいい打者なので。しっかりコースを狙って投げないといけないですし、もちろん当てるつもりはないですけど、いい打者は特に厳しいところにいかないと、なかなか抑えられないかなと思います」

――乱闘騒動の後の投球は落ち着いた。
「中盤はうまく打ち取るような感じでいけたかなと思っています。それで球数も減らせましたし、中盤は良かったかなと思っています」

――7回四球から崩れてチャップマンに決勝打を許した。カットボールを打たれた。
「勝負球はスプリット。もちろんカットではないんですけど、まぁその方がいいなと僕とスズキさんの一致かなと。僕もそうしたいなと思っていましたし、出たサインももちろんそうだったので。2人が思っているなら間違いないなと思いました」

30日の打者出場へ意欲「しっかり準備はしたい」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY