五輪出場を逃したキューバ代表 弱体化の原因と“国外流出”した選手の錚々たる顔ぶれ

キューバ代表のアルフレド・デスパイネ【写真:Getty Images】
キューバ代表のアルフレド・デスパイネ【写真:Getty Images】

米大陸予選で2連敗を喫して早々に敗退が決まったキューバ代表

 5月31日(日本時間6月1日)から米フロリダ州で行われている東京五輪アメリカ大陸予選。過去5大会で3度の金メダルを獲得してきたキューバ代表がオープニングラウンドで敗退し、初めて五輪の出場権を逃すことになった。

 初戦のベネズエラ戦に5-6で惜敗すると、第2戦のカナダ戦も5-6で敗戦。3日に行われた第3戦のコロンビア戦こそ大勝したが、オープニングラウンド2連敗でスーパーラウンド進出の可能性が消えた。五輪出場のためには、今予選で優勝するか、2位と3位に出場権が与えられる世界最終予選を勝ち抜く必要があり、キューバの東京五輪出場はなくなった。

 かつては“アマチュア最強チーム”として栄華を誇ったキューバ代表。1982年から1997年にかけて国際試合公式戦151連勝をマークし、野球が五輪の正式競技となったバルセロナ大会からアトランタ大会、アテネ大会と3大会で優勝。2006年の第1回ワールドベースボールクラシック(WBC)でも準優勝していた。

 だが、近年は代表チームの弱体化が顕著となっていた。WBCでは2009年の第2回大会から3大会連続で2次ラウンドで敗退。2019年に行われた「プレミア12」でもオープニングラウンドで姿を消していた。

 このキューバ代表の“弱体化”の大きな原因となっているのが、選手たちの“国外流出”だろう。現状、キューバ人選手がメジャーリーグに挑戦するためには亡命するしかない。近年ではソフトバンクに所属していたオスカー・コラス内野手が亡命。この五輪最終予選前にはセサル・プリエト内野手が米国内で突如、失踪している。

昨季MVPのアブレイユや人類最速チャップマンら多くのキューバ出身選手が…

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY