逆境が駆り立てる闘争心「沸々と…」 終戦後の原風景を胸に…女子野球発展へ続く奮闘

全日本女子野球連盟副会長と全国高校女子硬式野球連盟代表理事を務める濱本光治氏【写真:伊藤秀一】
全日本女子野球連盟副会長と全国高校女子硬式野球連盟代表理事を務める濱本光治氏【写真:伊藤秀一】

全日本女子野球連盟副会長・濱本光治氏が語る全3回連載の2回目

 第25回全国高校女子硬式野球選手権大会の決勝が8月22日、初めて甲子園で行われる。5校でスタートした第1回大会から四半世紀でたどり着いた夢の舞台。その実現には「女子硬式野球の父」と呼ばれた人物の“遺言”があった。全日本女子野球連盟副会長と全国高校女子硬式野球連盟代表理事を務める濱本光治氏がFull-Countのインタビューに応じ、女子野球の歴史と未来について語った。全3回連載の2回目。【石川加奈子】

「四津浩平のやりたかったことを実現するために走っている感じがしますね」。濱本氏は女子野球に関わったこの20年間を振り返って穏やかに笑った。

 四津浩平氏は、1995年に日本で初めての女子硬式野球大会「日中対抗女子中学高校親善野球大会」を開いた人物。2004年に亡くなるまで、家2軒分とも言われる私財をなげうって女子野球の発展に力を注いだ。

 2001年に花咲徳栄女子硬式野球部の監督に就任した濱本氏が、無私無欲な四津氏に強く惹かれたのも当然だった。埼玉栄、花咲徳栄で教諭を務めた濱本氏の信念は、世のため、人のためになる人材を育てること。病の床にあってもそれを実践している四津氏に感銘を受け、遺志を引き継ぐことを決めた。

 女子硬式野球部がまだ1校もないところから全国高校女子硬式野球連盟を立ち上げた四津氏の姿は、濱本氏が自ら歩んできた道とも重なった。「私は原爆が落ちた10年後に広島で生まれた人間なんですよ。まだバラックもあって復興途中の風景が、自分の原風景として心の中にあるんです。だから、恵まれていない環境を見ると、なんとかしてやろうと沸々と湧いてくるものがあるんです」と自らの生い立ちが逆境に立ち向かう闘争心の源になっている。

 崇徳高時代は野球部の投手だった。最後の夏は広島大会決勝で、中学時代の同級生だった達川光男氏が在籍する広島商に敗退。広島商はその夏甲子園で全国制覇を成し遂げた。高校で肩を痛めた濱本氏は野球を断念し、千葉商科大では伝拳法道部に入り、個人と団体で日本一になるほど打ち込む一方、帰省した際、母校の崇徳高校野球部の指導にも携わった。「全国制覇の夢を後輩に夢を託しました。私が臨時のコーチをし、大学2年の時には春の選抜大会で崇徳高校が初出場初優勝。それでもう思い残すことはない、野球はおしまいと思っていました」と一区切りをつけた。

花咲徳栄で野球部監督就任要請も…「グラウンドもないし、校舎も建設途中」

RECOMMEND

RELATED