元ハム&燕の今浪隆博氏がスポーツメンタルコーチを目指した訳 「今の僕なら…」

米野智人さん(左)と今浪隆博さんがファンと日本ハム対オリックスをリモート観戦【写真:PLM】
米野智人さん(左)と今浪隆博さんがファンと日本ハム対オリックスをリモート観戦【写真:PLM】

今浪隆博氏と米野智人氏が5月12日の日本ハム対オリックスをファンと“観戦”

 元プロ野球選手と一緒にオンライン観戦するイベント「パーソル パ・リーグTV Meetings 2021 第1弾」が5月12日に実施された。コロナ禍の昨シーズンから始まった企画で、2021年シーズンの第1弾ゲストは日本ハムOBで、セ・パ両リーグで活躍した米野智人さんと今浪隆博さん。事前に応募したファンとコミュニケーションを取りながら、日本ハム対オリックスをリモート観戦した。

 新型コロナウイルス感染拡大により従来の観戦スタイルが制約される中で、インターネットを活用した新しいファン・エクスペリエンスの実現を目指して始まった同企画。イベントではシスコシステムズ合同会社のWeb会議システムである「Cisco Webex」を活用し、試合を見ながら、2人の軽快なトークや野球に関するクロスワードクイズ、インタラクティブなトークセッション、チャット機能でのコミュニケーションなどでファンとの交流を楽しんだ。

 米野さんはパ・リーグの注目の若手を問われ「今日の試合には関係ないけど、ライオンズの若林楽人外野手。足が速くてバッティングも思い切りがいいので、見ていて楽しい。ライオンズは外野手争いが厳しいけれど、頑張ってほしい」と同郷の後輩にエールを送った。若林はその後故障離脱してしまったが、復帰後の活躍が期待される。

 今浪さんは日本ハム時代の同僚、近藤健介外野手に注目。「近藤のバッティングコントロールのすごさはNPBで3本の指に入る。一緒にやっていた当時、近藤はバッティングのことばかり考えていた。キャッチャー時代に、どれだけ相手チームに打たれてもベンチに帰ってきたらすぐにバットを握っていましたね」と、古巣のエピソードを披露した。

 そんな2人は現役時代の思い出話や技術面に踏み込んだ戦況の解説だけでなく、プライベートの話や引退してからの生活についても赤裸々に語ってくれた。

今浪さんは現役時に甲状腺機能低下症を患い、同時にうつ病を抱えながらプレーした

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY