「一気に肩がバコンと外れた」 生々しい故障の瞬間…リハビリ支えた“不屈の先輩たち”

昨年限りで現役を引退した高橋朋己さん【写真:球団提供】
昨年限りで現役を引退した高橋朋己さん【写真:球団提供】

高橋朋己さんは昨年限りで現役引退&ライオンズアカデミーコーチ就任

 西武で8年間プレーし、2020年に現役を引退した高橋朋己さん。2年目の2014年には抑えや中継ぎとして63試合に登板して2勝1敗29セーブ、13ホールドをマーク。翌2015年には62試合で2勝3敗22セーブ、14ホールドと見事な活躍ぶりだったが、その後は怪我との戦いだった。

 社会人の強豪、西濃運輸から2012年ドラフト4位で西武に入団。2014年に29セーブを挙げて新人王候補に名を連ね、オフには日米野球の日本代表にも選出された。2015年は開幕からクローザーを務め、オールスターにも出場するなど順調にキャリアを重ねていた。しかし、2016年4月に左肘の張りにより出場登録を抹消。その後、7月に左肘内側側副靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた。

「3か月待っても無理だったので、早く手術をしたかったです。保存治療で良くなるなら、みんな良くなっている。リハビリ期間中は栄養学を学んで、トレーニングも勉強しました」

 翌2017年6月にイースタン・リーグで実戦復帰を果たし、シーズン終盤には1軍でも3試合に登板。2018年はオープン戦から好投するなど復活をアピールしていた。しかし、3月31日の日ハム戦で3点リードの8回に登板したが、左肩に違和感を覚え一死もとれずに降板した。手術明けにもかかわらず、大事な8回を任されていた。「今年こそは」と思った矢先だった。

「オープン戦も状態が良くて、札幌ドームのブルペンでも150キロ出るんじゃないかというくらい調子が良かったのですが、投球練習中にピリっとして、おかしいなあと思ったら、一気にバコンと肩が外れて激痛が走りました。そんなに重症じゃないと思っていたんですけど、肉離れとかも見つかって『1~3か月無理だよ』と言われました。ショックでした。とにかく痛いし、投げられない。でも、最短で戻ろうといろいろな治療をしました」

 しかし、その後はイースタン・リーグでも登板機会はなく、オフに育成選手契約になった。背番号は「123」に変わったが、球団は元の背番号「43」を空き番にして復帰を待った。だが、2019年、2020年も登板を果たせず、現役引退を決断した。

2014年に日米野球出場、同学年の坂本・柳田・前田らと交流を深めた

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY