元楽天&DeNA左腕がメキシコで初勝利 到着4日で先発、驚きだらけの新天地

先発したエル・アギラ・デ・ベラクルスの濱矢廣大【写真:球団提供】
先発したエル・アギラ・デ・ベラクルスの濱矢廣大【写真:球団提供】

ルートインBCリーグの茨城からメキシコのベラクルスに移籍した濱矢

 楽天、DeNAでプレーし、今年7月に独立リーグ・ルートインBCリーグの茨城アストロプラネッツから、メキシカンリーグのエル・アギラ・デ・ベラクルスに移籍した濱矢廣大投手が現地時間25日(日本時間26日)、ゲレーロス・デ・オアハカ戦に初先発し、6回3安打無失点、無四球12奪三振の好投で初勝利を収めた。

 チームのプレーオフ出場権獲得に向け、先発要員として白羽の矢が立った左腕の濱矢。メキシコ到着からわずか4日後の先発となったが、三塁を踏ませぬ安定した投球で、チームを8-0での勝利に導いた。

「大事な初登板だったので緊張しました。この日の結果次第で今後のことも変わってくるので、気合が入っていた。しっかり抑えられて良かったです」

 DeNAに所属していた2019年冬にもメキシコのウインターリーグのベナードス・デ・マサトランでプレーし、7試合3勝0敗、防御率1.44の好成績を残した。だが、翌2020年限りでDeNAを戦力外となり、今季は独立リーグでプレー。茨城では16試合1勝3敗、防御率4.67と納得の成績は残せず、シーズン途中からは中継ぎに回っていたが、2年ぶりに戻ったメキシコで息を吹き返した。

メジャー通算132本塁打のプイグから「お前、すごいな」

RECOMMEND

CATEGORY