松坂大輔が語った引退会見のすべて 「だから会見したくなかった」「最後に報われる」

引退会見に臨んだ西武・松坂大輔【写真提供:西武ライオンズ】
引退会見に臨んだ西武・松坂大輔【写真提供:西武ライオンズ】

一問一答、引退の決め手はすっぽ抜け「1球でボールを投げることが怖くなった」

 西武の松坂大輔投手が19日、日本ハム戦(メットライフ)での引退試合を前に、所沢市内にある球団事務所で引退会見を行った。約1時間にわたった会見では、注目を浴びた1998年夏の甲子園から家族、そしてこだわった背番号「18」のことまで。途中、涙を浮かべ、言葉に詰まりながらも、23年間のプロ生活の思いを吐露した。ノーカットの一問一答完全版は以下の通り。

――23年間のプロ生活、今の率直な思い
「そうですね……。選手は誰しもが長くプレーしたいと思い、こういう日がなるべく来ないことを願っていると思うのですが。うーん、きょうという日が来てほしいような来てほしくないような、そんな思いがあった。現時点ではまだすっきりしてないんですよね。このあとに投げることになってますし、投げることができて、そこで自分の気持ちもすっきりするのかな、すっきりしたい」

――来てほしい?
「今の自分の体の状態のこともありますし、やっぱり続けるのは難しいと思っていたので。早くできるだけ、こうして皆様の前に出てきて報告できれば良かったのですが。引退発表があって、球団はすぐに会見をしてもらう予定だったのですが、僕自身が発表したものの中々、受け入れられなかった。気持ちが揺れ動いている中で会見するのもと思って。発表してから、3か月間、やれそうだなと思った日は一度もなかったですね。できるだけ早く終わらせられたらと思って過ごしていました」

――引退決断の一番の要因
「昨年の春先に右手の痺れ、強く出るようになって。その中でも何とか投げることができたのですが、コロナ禍の中で緊急事態宣言になりトレーニング、治療がままならない中で症状が悪化して。できれば手術は受けたくなかったが、ほぼ毎日のように首の痛みや寝られない日が続いてちょっと精神的に参ってしまうこともあり手術を決断した。これまで時間をかけてリハビリ続けてきたが中々、症状が改善しなかった。その中でもキャンプインしもうそろそろ、次にはファームの試合に投げらそうだねというところまで来たが、その話をした矢先にブルペンの投球練習の中で何の前触れもなく右バッターの頭の方にボールが抜けた。ちょっと抜けたレベルじゃなくとんでもない抜けかた。投手って抜けそうだなと思ったら指先の感覚でひっかけたりできるのですが、それが出来ないぐらい感覚の無さ、そのたった1球でボールを投げることが怖くなった。そんな経験は一度もなかったので、自分の中でショックが凄く大きくて、2軍監督に相談してちょっと時間下さいと。時間もらったけど右手の痺れ、麻痺の症状が改善しなかったので、もうこれは投げるの無理だなと。自分に言い聞かせた」

「アンチのファンも含めて感謝しています」

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY