松坂大輔が背負い続けたものとは? 涙あり笑いあり、全てをさらけ出した引退会見

西武・松坂大輔【写真:荒川祐史】
西武・松坂大輔【写真:荒川祐史】

涙で25秒絶句し「だから会見したくなかった」そこからまた30秒沈黙

■日本ハム 6ー2 西武(19日・メットライフ)

 西武・松坂大輔投手は19日、本拠地メットライフドームで行われた日本ハム戦に先発し、現役最後の登坂。相手の1番打者・近藤に四球を与えて降板した。試合前、ユニホーム姿で行った約1時間の会見では、涙で声を詰まらせるシーンがあった一方、持ち前の明るさで笑いも誘った。

「家族には引退を発表する以前から、『(現役続行は)難しいかもしれない』という話をしていました」と明かした松坂。「その時のご家族の反応は?」と質問されると、言葉に詰まってうつむき、25秒間絶句した。「だから会見したくなかったんですよね」とつぶやき、そこからまた30秒間沈黙。目に涙をためた顔を上げると、「辞めると決めた時には、妻に電話をしたのですが、ちょうど息子もいて『本当に長い間お疲れ様でした』と言ってもらえましたし、僕の方からも『長い間サポートしてくれてありがとう』と伝えさせてもらいました」と声を震わせた。

 松坂はメジャー移籍前の2016年、当時日本テレビのアナウンサーで6歳上の(旧姓・柴田)倫世さんと結婚。1男2女をもうけた。家族は松坂のメジャー移籍当時から米国に住み、日本球界復帰後は単身赴任中だ。

「あまり家族のことは言いたくないですし、言わないようにしてきたんですけど」とした上で、「妻とは結婚する時から、批判の声や叩かれることがあった。『自分が守っていくから』と言って結婚してもらったのですが、それができなくて申し訳なかったと思います。妻は関係のないところで叩かれることもあって、気持ちが強い人ではないので、大変だったと思います」。プロポーズの言葉を必ずしも叶えることができなかったという痛切な思いを明かした。

後ずさりしながら会見場をあとにした理由

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY