力強く腕を振って投げるには? ヤクルト奥川が「紙1枚」でできる練習法を紹介

ヤクルト・奥川恭伸【写真:荒川祐史】
ヤクルト・奥川恭伸【写真:荒川祐史】

部屋に響く爆音…つば九郎との対決でも圧勝

 ヤクルトの奥川恭伸投手が、懐かしの「紙鉄砲」と野球を結びつけた練習法を紹介している。今季、高卒2年目ながら9勝を挙げ、日本シリーズ初戦の先発も任された右腕が力強いボールを投げられる理由にも迫れそうな内容だ。

 これはヤクルトが球団公式YouTubeに「つば九郎&奥川投手による遊びながらできる練習法!」の第3回としてアップした「紙鉄砲を使った練習法」。紙鉄砲をきれいに開いて大きな音を鳴らすには、しっかりと力をかけて腕を振り下ろす必要がある。その感覚を養う練習法で、少年少女にも大いに参考となる。

 奥川が試しに振り下ろしてみると、部屋に「パンッ」と大きな音が響いた。マスコットのつば九郎との対決では、奥川が何回振ってもきれいな音を鳴らすのに対し、つば九郎は…。プロ野球選手の凄さを見せつけていた。

(記事提供:First-Pitch編集部)

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY