上原浩治氏の始球式に大歓声 “小学生の甲子園”「マクドナルド・トーナメント」が開幕

マクドナルド・トーナメントで始球式を行った元巨人・上原浩治氏【写真:宮脇広久】
マクドナルド・トーナメントで始球式を行った元巨人・上原浩治氏【写真:宮脇広久】

都道府県大会勝ち抜いた51チームが神宮に集結

“小学生の甲子園”と呼ばれる「高円宮賜杯 第42回 全日本学童軟式野球大会 マクドナルド・トーナメント」の開会式が8日、神宮球場で行われた。約1万1000に及ぶ全国の小学生軟式野球チームのうち、47都道府県の予選を勝ち抜いた50チーム(前年度優勝枠、開催地枠などを含む)が集結した。始球式に巨人、メジャーリーグで活躍した上原浩治氏が登場するとスタンドで見守る保護者から歓声が上がる場面も見られた。

 同大会は今年から熱中症対策として、午前中と夕方にのみ試合が組まれている。この日の開会式も午後4時半から行われ、選手たちが着座で参加する対応を取るなど体調面に配慮した。始球式に伴い、挨拶をした上原氏は「選手のみなさん、全国大会出場おめでとうございます。仲間を信じて、全力プレーで頑張ってください」とエール。始球式は緊張した面持ちだったが、見事なストライク投球で盛り上げた。

 同大会は9日から14日まで、神宮球場、大田スタジアム、府中市民球場など東京都内の7球場で行われ、頂点を争う。全試合がインターネットライブ配信され、13日の準決勝第2試合で上原氏、14日の決勝では昨年限りで現役を引退した松坂大輔氏が解説を務める予定となっている。

(Full-Count編集部)

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY