野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • コラム
  • 混戦ア・リーグ東地区 首位をいくブルージェイズで奮闘する川崎宗則の明るさに期待

混戦ア・リーグ東地区 首位をいくブルージェイズで奮闘する川崎宗則の明るさに期待

何とも応援したくなる選手である。ブルージェイズの川崎宗則内野手が今月17日に3Aバファローからメジャーに昇格した。抜擢された試合は敵地・ニューヨークでのヤンキース戦。しかも先発は日本で5年間戦ってきた田中将大だった。

20140625_kawasaki

マウンドとの距離を寿司屋のカウンターにたとえる“ムネリン節”

 何とも応援したくなる選手である。ブルージェイズの川崎宗則内野手(33)が今月17日(日本時間18日)に3Aバファローからメジャーに昇格した。抜擢された試合は敵地・ニューヨークでのヤンキース戦。しかも先発は日本で5年間戦ってきた田中将大だった。試合前から気合は十分。クラブハウスに張り出されたスタメン表には「8番・セカンド」で名前があった。

「うれしいな。今日はマー君が投げるのは全米が知っている。そこで先発ですから。(じっくりと)見たいと思います。カウンターの席で。僕はカウンターに立てる。唯一、『包丁さばき』を見られる。あ、いやいや、マウンドさばきを間近で見て……」

 マウンドとバッターボックスの18・44メートルの距離を寿司屋のカウンターにたとえるムネリン節が炸裂した。何せ、田中がメジャー移籍後、初めて打席に立つ日本人選手になったのだ。日本中が注目するヤンキースのルーキーのボールを一番近くで、最も早く体感した日本人選手となった。野球人として、純粋に楽しみたいという川崎の思いがあふれ出た。

 川崎が披露した田中の“攻略法”は意外なものだった。「ももクロ(人気アイドルグループ・ももいろクローバーZ)がマー君は好きだから。それが狙いですね。(試合前にももクロの曲が流れると聞き)マー君の気持ちになって、それを聞いて一緒に乗りたいです」とユーモアたっぷりに話した。

 田中がホームゲームでマウンドに立つ時、ももクロの「My Dear Fellow」という曲が大音量で流れる。他のメジャーリーガーが「何、この曲?」となる中で、同じ日本人である川崎はこの曲で乗っていこうという作戦だった。

 しかし、結果は田中の前に3打数ノーヒット。2三振と惨敗だった。「今日はマー君をコテンパンにやっつけてやろうと思って、試合に行ったんですけど、ボコボコにやられてしまいました。返り討ちにされた」と試合後は完敗を認めた。

人気記事ランキング