野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • コラム
  • 今年のプロ注目選手は誰? 大学生に逸材揃いのドラフト上位候補12人とは

今年のプロ注目選手は誰? 大学生に逸材揃いのドラフト上位候補12人とは

昨年は早大・有原航平投手が日本ハムへ、済美・安楽智大投手が楽天へいずれも抽選の末に決まるなど、ドラマのあったドラフト会議。すでに各球団は2015年のドラフト構想に入っている。

full-count3

高校、大学、社会人と投手が豊作、目玉は即戦力左腕の今永

 昨年は早大・有原航平投手が日本ハムへ、済美・安楽智大投手が楽天へいずれも抽選の末に決まるなど、ドラマのあったドラフト会議。すでに各球団は2015年のドラフト構想に入っている。

 高校、大学、社会人と今年は投手が豊作。どの球団も欲しい即戦力、将来性豊かなエース候補を優先して指名していくことになりそうだ。12人のドラフト1位候補を紹介したい。

○今永昇太(駒澤大)投手・左投左打

 昨年、明治神宮大会を制した駒澤大学の主戦投手。体は大きくはないが、140キロ中盤の直球や変化球の精度も高い。一番の武器はコントロールの良さ。派手さはないが、そつのないピッチングができる即戦力左腕。10球団以上のスカウトが注目しており、今ドラフトの目玉になりそう。

○上原健太(明治大)投手・左投左打

 広島の名門、広陵高校出身。大学も多くのプロ投手を輩出する明治大学で、今年のエースを任される。なんといっても売りは190センチの長身から繰り出されるボールで、145から150キロの直球を投げる。まだまだ伸びしろがあり、今年の東京六大学の主役になれるか。

○熊原健人(仙台大)投手・右投左打

 まだプロ野球選手を輩出していない仙台大学から、175センチの小柄な剛腕が1位指名されそうだ。高校時代は無名も、2年時に球速が10キロ上がり、152キロまで到達。投げっぷりもよく、課題は制球力だが、十分に即戦力として期待できる。

人気記事ランキング