野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 川崎宗則
  • 川崎宗則が地元メディアに語った“野球愛” マイナー契約でも「僕は幸せ」

川崎宗則が地元メディアに語った“野球愛” マイナー契約でも「僕は幸せ」

その陽気なキャラクターでチームのみならず、リーグ屈指の人気者となっているブルージェイズの川崎宗則内野手に関して、地元メディアが求道者としてのストイックな一面を特集している。

20150217_kawasaki

地元メディアが川崎のストイックな一面を特集

 その陽気なキャラクターでチームのみならず、リーグ屈指の人気者となっているブルージェイズの川崎宗則内野手に関して、地元メディアが求道者としてのストイックな一面を特集している。カナダ地元紙「トロント・スター」電子版が「ムネノリ・カワサキ、ブルージェイズ復帰に関する使命」との見出しで報じている。

 今オフ、ブルージェイズとマイナー契約を結んだ川崎は招待選手としてキャンプインを間近に控えている。神戸で自主トレを行っていたその川崎に関して、特集では「明確なフィジカル面の変化が見てとれた。彼のお尻は大きくなっていた」と臀部の筋肉が強化されていることに着目している。

 これに関して川崎は「下半身を重点的に強化してきた。お尻というよりも、腰と股関節周り。可動域を広げて、守備面でのプレーを向上させて、打席でもいいバッティングをできるようにその基礎を作っている。その結果、お尻が大きく見えるようになったのかもしれない。でも、お尻ばかり見ないで、自分の動きを見て欲しい」と冗談交じりに答えている。

 その日の川崎は室内でゴム製のバランスボールなどを用いて体幹トレーニングを行っていたという。記事では自宅でも器具を使いながらウェイトトレーニングに励んでいることや、可動域を広げるために股関節のストレッチに取り組んでいことも紹介されている。

 特集の中で川崎は日本とアメリカの野球を経験した上での違いや、異国の地での成長についても言及。

「日本の野球は基本がしっかりしている。小さな子供の頃から守備の時には打球に対して体を正面に向けて対処するように教えられる。しっかりと捕球して、いい送球ができる体勢を作る。日本人として、そこに誇りを持っている。

 自分たちが大事にしているやり方についてはたくさん話すべきことはあるけれど、北米のやり方はまったく違う。日本人が練習しないようなテクニックがいろいろある。バックハンドのプレーやジャンピングスローだけでも、何種類もある。オーバースロー、アンダースローとか。

 メジャーに来た当初はそういうプレーができる下半身ができていなかった。体をひねって、ベースを踏み込まないといけないけど、できなかった。今はそういうプレーができるようになっている」

 そう語る川崎は、今オフに噂された日本球界復帰ではなく、4年目となるメジャー挑戦を選択したことに一切迷いはないようだ。

人気記事ランキング