野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチロー所属のマ軍、外野陣は注釈付きで“WS王者級” 米メディア分析

イチロー所属のマ軍、外野陣は注釈付きで“WS王者級” 米メディア分析

来季もマーリンズでプレーすることになったイチロー外野手。球団側が早々とオプションの行使に踏み切り、年俸200万ドル(約2億600万円)で契約を1年更新。さらに2018年の契約オプションも追加された。これにより43歳のベテランは来季もマーリンズの「4番手の外野手」の役割を担うことが濃厚となっている。

20161105_ichiro

米メディアが王者カブスとマーリンズを比較

 来季もマーリンズでプレーすることになったイチロー外野手。球団側が早々とオプションの行使に踏み切り、年俸200万ドル(約2億600万円)で契約を1年更新。さらに2018年の契約オプションも追加された。これにより43歳のベテランは来季もマーリンズの「4番手の外野手」の役割を担うことが濃厚となっている。そんな中、地元メディアはイチローを含む外野手の陣容について“ワールドシリーズ級”と高く評価している。米野球専門メディア「ナックルボール」が特集している。

 今季は後半戦の失速でプレーオフ進出を逃したマーリンズ。79勝82敗の勝率.491でナ・リーグ東地区3位に終わり、1位ナショナルズとは最終的に15.5ゲーム差をつけられた。ワイルドカード争いでもプレーオフ出場圏のメッツ、ジャイアンツに7.5ゲーム差と離されてる。

 そのプレーオフで快進撃を見せ、頂点に立ったのはカブス。レギュラーシーズンを103勝58敗、勝率.640と圧倒的な強さで勝ち上がると、その勢いは止まらず、ワールドシリーズではインディアンスを撃破。「ヤギの呪い」を解き、108年ぶりの世界一を成し遂げた。

 今回の特集ではそんな王者カブスとマーリンズの各ポジションを戦力を比較し、それぞれ優劣をつけている。

人気記事ランキング