野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • コラム
  • 【高校野球】大舞台での再会に胸躍らせる仙台育英捕手 忘れられない元同僚・清宮の衝撃

【高校野球】大舞台での再会に胸躍らせる仙台育英捕手 忘れられない元同僚・清宮の衝撃

第47回明治神宮野球大会が11日、明治神宮野球場で始まる。2012年と14年に大会を制している仙台育英(宮城)が2年ぶりに出場。4番・捕手の尾崎拓海(2年)は、中学時代のチームメイトとの対戦を楽しみにしている。

20161109_ozaki

元同僚捕手、仙台育英・尾崎が語る清宮の衝撃「自分の目で見るのが楽しみ」

 第47回明治神宮野球大会が11日、明治神宮野球場で始まる。2012年と14年に大会を制している仙台育英(宮城)が2年ぶりに出場。4番・捕手の尾崎拓海(2年)は、中学時代のチームメイトとの対戦を楽しみにしている。

強化試合に挑む侍ジャパン 小久保監督の言葉から読み解くポイントは?(野手編)(侍ジャパン応援特設サイトへ)

「いいね! 伸びてる!」「OK! ナイスボール! もう1球!」

 仙台育英のブルペンに正捕手・尾崎の威勢のいい声が響く。エース左腕・長谷川拓帆(2年)ら投手陣の投球をその左手でしっかりと受け止め、ボールがよくなければ「全然、曲がっていないよ!」と指摘した。

「自分は影で長谷川らピッチャーを支えていけるように頑張りたいです」

 やや控えめな決意表明に人柄がにじむ。打っては4番。「前に突っ込んだり、のびあがったりしていたけど、昨日、バドミントンの羽打ちをしたら今日のバッティング練習は良かったです」と調子を取り戻して本番を迎えられそうだ。

 尾崎は中学1年まで捕手だったが、その後は主にレフトを守っていた。高校では捕手としてプレーしてきた。しかし、現チームになり、まだレギュラーが固まらないまま公式戦を迎え、宮城県大会の中部地区予選は外野を守った。県大会から捕手に戻ると全4試合を無失点で勝ち上がり、「まだまだですが、自信にはなりました」。

人気記事ランキング