野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 今季年俸1億円超え日本人最多のホークス、新たに大台到達選手誕生の予感

今季年俸1億円超え日本人最多のホークス、新たに大台到達選手誕生の予感

冬の気配が色濃くなってきた昨今。シーズンオフに入ったプロ野球界では、選手の契約更改が日々の新聞紙上やテレビ画面をにぎわす季節となってきた。球界トップクラスの高額年俸選手数を抱えるソフトバンクでは、12月に入ってから主力選手の契約更改がスタートする。

20160410_imamiya

1億円プレーヤー多数のSBに新たな大台到達候補、大幅増確実な若手も

 冬の気配が色濃くなってきた昨今。シーズンオフに入ったプロ野球界では、選手の契約更改が日々の新聞紙上やテレビ画面をにぎわす季節となってきた。

 球界トップクラスの高額年俸選手数を抱えるソフトバンクでは、12月に入ってから主力選手の契約更改がスタートする。今季の1億円プレーヤーは巨人の15人に次ぐ14人。日本人に限って言えば、実に12人おり、これは10人の巨人を上回る。

 15年オフには柳田悠岐外野手(9000万円→2億7000万円)と中村晃外野手(7700万円→1億2000万円)の2人が1億円プレーヤーの仲間入り。今季は目指していた3年連続の日本一を逃したものの、それでも、プロ野球選手の夢とも言える1億円プレーヤーが、またしても誕生しそうである。

 大台へと手が届きそうなのが不動の遊撃手である今宮健太と、2年連続2桁勝利をマークした武田翔太の2人だ。

 今宮は今季137試合に出場し、打率.245、10本塁打、56打点をマーク。プロ3年目の12年から1軍に定着し、13年にはレギュラーの座を奪取した。主力としてのキャリアは5年目となり、4年連続のゴールデングラブ賞に輝いた守備力は折り紙付き。今季の本塁打、打点はキャリアハイの成績でもあり、史上最年少での200犠打を達成した。

人気記事ランキング