野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「3割40本100打点」も現実味 筒香覚醒の裏にあった松井秀喜の言葉

開幕から盛り上がりを見せているプロ野球で、DeNAの充実ぶりが目立つ。9日には阪神を2-1で下し、8年ぶりとなる単独首位に浮上。中畑清監督が就任してからは初の出来事で、現在も2位につけ、首位争いを繰り広げている。

20150415_matsui

松井氏と合致した打撃理論「誰に何を言われようと、この打ち方を曲げるつもりはない」

 開幕から盛り上がりを見せているプロ野球で、DeNAの充実ぶりが目立つ。9日には阪神を2-1で下し、8年ぶりとなる単独首位に浮上。中畑清監督が就任してからは初の出来事で、現在も2位につけ、首位争いを繰り広げている。

侍ジャパンU-15代表がチェコに5回コールド勝ちでスーパーR進出決定!(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 好調のチームを牽引するのは、他でもない4番の筒香嘉智外野手。その活躍には目を見張るものがある。美しい放物線を描くホームラン、広角に打ち分ける技術、そして、打席で醸し出すオーラ。2009、10年と横浜ベイスターズ(当時)でプレーしたOBで、ヤクルト、日本ハム、阪神でもキャッチャーとして活躍した野球解説者の野口寿浩氏は「3割、30本、100打点どころか、3割40本、100打点も期待できる」と話す。

 大器を“覚醒”させたのは、やはり、あの偉大な強打者だったという。

「2月に宜野湾キャンプに行った時、ちょうど松井秀喜君が筒香君を指導した翌日に話を聞けたんです。色々と教わって、筒香君は信念を持ってやってますから。その前から大村(巌)打撃コーチと2人で一緒に取り組んできたことがあって、松井君が来た時に質問をぶつけたら、考えていたことと同じ答えが返ってきたらしいんですよ。

 だから、彼は『誰に何を言われようと、この打ち方を曲げるつもりはない』とはっきり言い切ったんです。信念を持ってやっている、確固たるものを持っているバッターは、やっぱり強いですよね」

 今年のDeNAキャンプには、巨人、ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏が視察に訪れ、大きな話題となった。筒香へのアドバイスも各メディアで取り上げられたが、その効果はやはり大きかったという。

人気記事ランキング