野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチローの「忍者」生還に地元メディアも大論争 「セーフだと思う人間は?」

イチローの「忍者」生還に地元メディアも大論争 「セーフだと思う人間は?」

5分44秒間という異例の長さの審議の末にセーフに。このプレーをめぐり、地元メディアは大論争を展開している。

今季初三塁打から二ゴロで本塁突入、1度はアウトも“5分44秒チャレンジ”でセーフに

 マーリンズのイチロー外野手が16日(日本時間17日)、敵地でのメッツ戦の7回1死に代打で出場し、今季初長打となる三塁打を放った。後続の二ゴロで本塁に突入した際、捕手のタッチを鮮やかな身のこなしでかわすド派手なプレーは一度はアウトと宣告されたが、マーリンズ側のチャレンジにより、5分44秒間という異例の長さの審議の末にセーフに。このプレーをめぐり、地元メディアは大論争を展開している。

 イチローはまずバットで魅せた。4-5で迎えた7回、1死走者なしの場面でメッツ期待の若手右腕モンテロが投じた9球目の83マイル(約134キロ)のチェンジアップを捉え、右中間を深々と破ると、快足を飛ばして三塁へ。今季初の長打となった。

 そして、足で魅せた。後続のディー・ゴードンの打席で、この試合最大の見せ場を作る。イチローはゴードンの二ゴロで本塁に向かってスタート。タイミングはアウトだったため、一度は本塁突入を見合わせたが、送球が逸れたのを見て再び急発進した。

 トラビス・ダーノー捕手のタッチを鋭い身のこなしで避けながらスライディングも、ベースに触れず、捕手のタッチも届かなかった。イチローは再び左手でホームベースをタッチ。しかし、球審は最初の捕手のタッチが届いていたと判断したのか、イチローがホームをタッチする前からアウトを宣告していた。イチローは球審に抗議する素振りを見せ、マーリンズはチャレンジを要求した。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中