野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 田澤純一は6安打4失点の乱調で6敗目 セーブ機会では4試合で2度目の失敗

田澤純一は6安打4失点の乱調で6敗目 セーブ機会では4試合で2度目の失敗

レッドソックスの田澤純一投手は23日(日本時間24日)、本拠地ロイヤルズ戦の9回に登板し、救援失敗で6敗目(2勝)を喫した。1回を6安打4失点1四球の乱調。レッドソックスは6-8で敗れ、2連敗となった。

上原代役は2試合連続セーブ中だったが…

 レッドソックスの田澤純一投手は23日(日本時間24日)、本拠地ロイヤルズ戦の9回に登板し、救援失敗で6敗目(2勝)を喫した。1回を6安打4失点1四球の乱調。レッドソックスは6-8で敗れ、2連敗となった。

 右手首骨折で離脱中している上原の代役としてクローザーを務める田澤は、2点リードの9回に4番手で登板。先頭のインファンテに2球目のスプリットを捉えられ、いきなりレフトへの大飛球を打たれる。

 打球はグリーンモンスターの上部に直撃。左翼手が不規則なクッションボールの処理に手間取る間にインファンテが一気に本塁を狙ったが、好返球でアウト。ランニングホームランにはならず、田澤は思わずガッツポーズを繰り出した。

 しかし、続くブテラ、エスコバーにはライト前に運ばれ、1死一、二塁とされる。ゾブリストはショートライナーに打ち取ったものの、ケインにライト前ヒットを打たれて満塁のピンチ。ここでホズマーにレフト前への強烈なヒットを浴び、2点タイムリーで同点とされた。

 モラレスはフルカウントから四球。再び満塁となると、ムスタカスには右中間への二塁打を浴びる。これで2者が生還。一塁走者のモラレスは中継プレーでアウトとなったものの、2点を勝ち越された。

 レッドソックスはそのまま6-8で敗戦。田澤に6敗目がついた。上原の代役を務める右腕は2試合連続でセーブをマークしていたが、この日は炎上。セーブ機会での登板は4試合で2度目の失敗と苦しい投球が続いている。

 田澤は防御率3.74となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中