野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • コラム
  • 快挙目前のSB柳田にメジャーが熱視線 Dバックス「彼はエキサイティング」

快挙目前のSB柳田にメジャーが熱視線 Dバックス「彼はエキサイティング」

ここまで打率3割6分4厘、28盗塁で、快挙までは2盗塁を残すのみ。トレードマークのフルスイングで、ヤクルト山田とともに快挙達成を確実にしている若武者はメジャーでも通用する逸材と評価されている。

元強打者ゴンザレス社長付補佐が柳田を高評価、「どの球団も次なるイチローを探している」

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が8日の日本ハム戦(旭川)で30号ソロを放ち、トリプルスリー達成に大きく近づいた。ここまで打率3割6分4厘、28盗塁で、快挙までは2盗塁を残すのみ。トレードマークのフルスイングで、ヤクルト山田とともに快挙達成を確実にしている若武者はメジャーでも通用する逸材と評価されている。

 そして、日本屈指の強打者に成長した柳田の獲得に早くも興味を示しているのが、ナ・リーグ西地区のダイヤモンドバックスだ。2001年のワールドシリーズ制覇に貢献したスラッガーで、現在は球団社長付補佐を務めるルイス・ゴンザレス氏は、8月の来日中にソフトバンク戦を視察し、その実力を高く評価。「彼のプレーはエキサイティングだった」と興奮気味に話している。

 ゴンザレス氏は、デリック・ホール球団社長、米国野球殿堂入りした名投手のランディ・ジョンソン氏、そして、元カージナルス監督の名将トニー・ラルーサ野球編成最高責任者とともに来日。被災地復興の慈善活動の一環として、宮城県石巻市で子供向けのベースボールクリニックを開催し、同時に、ヤフオクドーム、マツダスタジアム、QVCマリン、東京ドームで日本プロ野球のスカウティングを行った。

 来日中は、近い将来のメジャー挑戦が噂される前田健太(広島)、大谷翔平(日本ハム)というエース級の投手の視察が話題となったが、MLBを代表する強打者として活躍したゴンザレス氏の脳裏には、1人の野手のプレーが鮮明に刻まれていた。

「野手でいうと、私は若いセンターが気に入っている。(ソフトバンクの)ナンバー9だ。左打ちだ。彼のプレーはエキサイティングだった。私にとってはいいニュースだ」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中