野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • コラム
  • 川崎宗則は“色物”ではない 地区Vのブ軍支えた、目に見えない貢献

川崎宗則は“色物”ではない 地区Vのブ軍支えた、目に見えない貢献

22年ぶりにリーグ優勝を決めたブルージェイズを支えたのは、補強の妙だった。そんなチームにおいて、川崎宗則は、決して“色物”ではなく、チームにポジティブな影響を与え、1人の野球人として尊敬を集める存在になっている。

補強の妙で22年ぶり地区Vのブルージェイズ、「不思議な力を持つ男」川崎の貢献とは?

 22年ぶりにリーグ優勝を決めたブルージェイズを支えたのは、補強の妙だった。

 ウェーバー手続きを経ないトレード期限の7月31日を前に、最も大胆な動きを見せたのはブルージェイズだった。絶対的なエース格の先発投手が必要とあれば、タイガースから左腕デビッド・プライスを獲得。二遊間と救援の強化が必要とあれば、ロッキーズから遊撃トロイ・トゥロウィツキーとベテラン中継ぎラトロイ・ホーキンスを獲得。フィリーズからは外野手ベン・リベアを獲得し、守備面と打撃面における機動力アップに成功した。

 プライスの場合は左腕1人に対してダニエル・ノリスら3選手、トゥロウィツキーとホーキンスの場合はホセ・レイエスら4選手を放出することになったが、結局はこの積極性と思い切りのよさが後半戦の勝率7割近い圧倒的な強さにつながった。

 だが、今季のプレーオフ進出、そしてワールドシリーズ優勝にかける意気込みの強さは、昨季オフから始まっていた。アスレチックスの生え抜きスター三塁手ジョシュ・ドナルドソンの獲得が最たる例だろう。

 他球団のGMは、アスレチックスにとってドナルドソンは何があってもトレードに出さない「アンタッチャブル」な存在だと思っていた。事実、試しに打診をしてみても、アスレチックスのビリー・ビーンGMに「ノー」と突き返されたGMは多い。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中